gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

(増補版)445E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年2月~1887年3月)

2016-10-29 05:05:00 | 日記
題:(増補版)445E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1887年2月~1887年3月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1887年2月8日:逓信省全般の徽章を「T」字形とすると発
 表した。
  2月19日、「T」は「〒」の誤植と訂正した(2月14日
 説あり)
  逓信省は、2月8日に、郵便マークに「テ」を定めるが、
 外国では料金未払いの意味だと判り、まもなく「〒」と
 改めた。
  この「〒」マークは、日本国独自のものであり、日本
 国外では使用できない。
  因みに、1871年6月7日(明治4年4月20日)に、日本の
 郵便事業が始まった。
  当初は、特に定められた徽章はなかった。
  ただ、「郵便」の文字だけでだった。
  1877年(明治10年)頃から、大きな赤丸(「日の丸」
 的な徽章)に太い横線を重ねた赤い「丸に一引き」が郵
 便マークとして用いられ始めた。
  1884年(明治17年)6月23日、太政官布達第15号により、
 正式に「郵便徽章」と定められた。
  1887年(明治20年)に、「〒」が、逓信省の徽章に定
 められた際、この郵便徽章は自然消滅に属するとされた。
  1885年(明治18年)郵便等の所管官庁として、逓信省
 が創設された。
1887年2月13日、東京綿商社(のちの鐘淵紡績)が開業した。
  この時に、東京府南葛飾郡隅田村の通称:鐘ヶ淵(現:
 東京都墨田区墨田。墨堤通り沿い)に、東京綿商社とし
 て創立され、紡績会社として創業した。
  紡績工場は、1889年に完成した。
  すでに、大阪紡績は、錘数1万0500錘で、動力源として
 蒸気機関を導入するなど大規模で、また、近代的なもの
 であり、当初から好業績を記録し、規模を拡大していた。
  これに刺激されて、1886年に、三重紡績(東洋紡績の前
 身)が設立され、
  1887年に、この東京綿商社(現:鐘紡)の大規模紡績会
 社が相次いで設立された。
  国内生産力は、大幅に増加した。
  しかし、この結果、綿製品は、供給過剰に陥り、
  1890年に、綿紡績業は、初の不況を経験することとな
 った。
  この1890年には、早くも輸入綿糸を上回った。
  また、この頃から、最新式のリング精紡機が、ミュー
 ル精紡機に代わって中心となり、生産性が高まり、また、
 女工比率も上昇した。
1887年2月15日、民友社創業され、『国民之友』が創刊され
 た。
  主宰:徳富蘇峰が、民友社を興し、雑誌「国民の友」
 が創刊された。
1887年2月、彫刻競技会が、東京彫工会と改名した。
  江戸時代には、仏師や宮彫大工、人形師はいたが、彫
 刻家は存在しなかった。
  作られるのは欄間(らんま)であり、木版の版木だっ
 た。
  草分け的な彫刻家として登場したのが、高村光雲だっ
 た。
  東京浅草に生まれた高村光雲(本名:中島光蔵)は、
 奉公に出て働くその時、偶然から大仏師の高村東雲を奉
 公先に決まった。
  めきめき腕を上げた光蔵は、年季が明けた時、師は、
 光蔵に「光雲」の号を贈った。
  才に恵まれた弟子への愛情だった。
  そして、近代彫刻科としての歩みを始めた。
  明治初年の廃仏毀釈は、仏像の需要を減らしたのみな
 らず、貴重な仏像仏具が二束三文で外国人に叩き売られ、
  その上、金銀荘厳だけ剥がされて薪のごとく燃やされ
 るという惨状を生んだ。
  仏師や宮彫大工の仕事も激減し、彫物職人たちは生計
 を輸出工芸品に頼らざるを得なかった。
  この様な時に、生活を求める中、この時代に一世を風
 靡したのが「牙彫(げぼり)」=象牙彫刻であった。
  光雲は、木彫一筋を通した。数えるほどの人だった。
  この様な牙彫家にも、「谷中派」の職人と、彫刻を志
 す「彫刻競技会」の二派があった。・・しかし・・、
  1887年(明治20年)光雲は、後者の彫刻協議会の派と、
 「東京彫工会」を結成した。
  以後、光雲は、この東京彫工会や、日本美術協会に、
 作品を発表した。
1887年3月14日、 明治天皇陛下が、海防の整備のために、
 海防に関する詔勅とともに御手許金30万円を下賜された。
1887年3月20日、伊藤博文、柳原前光、井上毅、伊東巳代治
 ら、皇室典範、皇族条例草案を検討する。
1887年3月23日、所得税法を公布した。
  日本の所得税法は、この時に導入された。
  導入の当初は、所得金額300円以上の高額所得者のみを
 納税義務者としていた。
  そのため、この税を、名誉税と呼んだ。
  税率は最大3%で、税収に占める割合は僅かだった。
  しかし、酒税と地租以外、有力な税収を持たない明治
 政府にとって、将来的には、公平な負担をもたらす有力
 な税収になるとして期待されていた。
  帝国議会制定前に制定されたので、大日本帝国憲法制
 定後は、大日本帝国憲法第63条が適用された。
  1899年、法人所得を第一種所得として課税するように
 なった。
1887年3月23日、海防整備費用の献金を、府県知事に訓示し、
 地方有志から集めた。
1887年3月23日、陸軍で初めて「伝書鳩」を飼育した。
  陸軍が、東京と静岡県久能山の間を使って伝書鳩の実
 験を行い成功した。
1887年3月、清国水兵事件が北京に移された。
  1886年8月に起きた「清国水兵事件」の事件調べが、清
 国の北京に移された。
  後に、東京での、井上外務大臣と徐清国公使との会談
 で和議が成立した。
  「関係者はそれぞれの国の法律で処理する。双方の死
 傷者に対し、互いに弔慰金、見舞い金を送る」
.
  (今日の言葉)
.
  最近の新聞記事から・・「切り抜き」・・
  ディグニティー:威厳。尊厳。また、品位。気品は・・どこにあるのか?
.
  題(その1):アメリカの「核の傘」は・・?
.
2016年10月21日、アメリカの『核の傘』理論
  (読売新聞、2016・10・21)に以下の記事があった。
  それは、アメリカの『核の傘』に疑念を持ったところ
 から発した事柄だった。
  それは、もっともな面もあった。
  アメリカ大統領候補のトランプ氏が言った・・、
  「もう、アメリカは、日本の安全保障の責任はとれな
 い、日本に原爆を持たせてもよいではないか」・・とい
 う主旨の発言しているが、この様な発言も影響している
 とも考えられる。
  ・・以下は、その新聞の内容・・、
  見出し:米韓「核の傘」強化合意
     2プラス2 次官級の「戦略協議」新設
  米韓両政府は19日、ワシントンで外務・防衛閣僚会合
 (2プラス2)を開き、
  在韓米軍へのミサイル防衛システム「最終段階高高度
 地域防衛(THAAD)」配備をできるだけ早期に行う
 方針で一致した。
  「核の傘」などの拡大抑止強化を議論するため、次官
 級による「戦略協議」の新設も決めた。
  会合には、米国のケリー国務長官とカーター国防長官、
 韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相と韓民求(ハンミン
 グ)国防相が出席した。
  北朝鮮の核兵器開発が完成に近づいていることを受け、
  韓国は、米国に対し、有事に核兵器の使用も辞さない
 方針を示して、北朝鮮の核兵器使用を自制させる「核の
 傘」を含めた拡大抑止の強化を求めた。
  カーター氏は、会談で、「米国の韓国防衛への関与は
 揺(ゆ)るぎないものだ」と述べた上で、
  「米国の関与は、米軍のすべての兵器体系で保障され
 た拡大抑止の提供を含む」と強調した。
  米韓が、拡大抑止の強化で合意したのは、韓国内で高
 まっている「核武装論」の沈静化を図る意図もある。
  ケリー氏は、会談の後の記者会見で、北朝鮮の核ミサ
 イル開発について、
  「米国の次期大統領に誰がなろうとも、非常に集中し
 て取り組むべき課題となる」と述べ、
  米新政権の重要な外交課題になるとの認識を示した。
.
  題(その2):最近の韓国経済・・、
.
2016年9月23日、韓国の最大の海運会社が倒産
  (読売新聞、2016年9月23日)によると、
  韓国の海運会社が破綻(はたん)し、物流が大混乱し
 ているという。
  コンテナ量で世界7位の韓進海運が・・、
  8月31日、ソウル中央地裁に法定管理(日本の会社更生
 法に相当)を申請した。
  負債総額は、約4500億円。
  各地の港湾当局や荷役業者が、燃料費や荷役料の滞納
 を恐れ、荷降ろしや出入港を拒否した。
  韓国最大の海運会社で、貨物船が立ち往生し、世界的
 な物流の混乱は、少なくとも2ヶ月~3か月間、続く見通
 し。
.
  題(その3):世界中の制海権が欲しい・・、
.
2016年10月1日、(読売新聞、2016年10月1日)に・・、
  「中国『海洋強国』急速に」
  「国産空母、周辺国威圧」
  「アメリカに対抗」・・とあった。
  内容:
  中国軍が、丁寧省大連で建造する国産初の空母は、
  中国の習近平政権が、野心的な「海洋強国」建設を急
 ピッチで進めている事を改めて示した。(中略)、
  この空母の建造は、昨年初め頃に始まった。
  中国国防相は、昨年末に、建造を公式に認めた。
  排水量は、空母としては小型の5万トン級、
  原子力ではなく、通常動力を採用していると説明した。
  (中略)、
  習政権は、「2020年までに、空母戦闘群を3個編成にす
 る」との目標を掲げているとされる。
  中国が、10隻以上の空母を保有して、世界中の「制海
 権」を握るアメリカに対抗し、周辺国を軍事力で威圧す
 る狙いだ。
  公式発表はないが、3隻目の空母も、上海で建造中との
 情報がある。
  軍事関係筋は、「中国軍の初期目標は、南シナ海と東
 シナ海への空母の展開」と見る・・(後略)
.
  余談:「アメリゴ」という言葉の意味に「ウソをつく
     人」という意味がある・・
     また、アメリカの語源は、「嘘吐き」とある・・
.
  題(その4):中国が、人民元の札をどんどん刷り始めるか・・?
   すでにやっているのか・・?
   ならば、やりたいことは何でもできることになる・・?
.
2016年10月2日、(読売新聞、2016年10月2日)に・・、
  中国の人民元が、国際的な主要通貨に加わった。
  今・現在、その「主要5通貨」は・・、
   米ドル (42.5%)、
   ユーロ (30.2%)、
   英ポンド( 7.5%)、
   日本円 ( 3.4%)、
   人民元 ( 1.9%)、
  国際通貨基金(IMF)が特別引き出し権(SDR)
 の構成通貨に人民元を加えたことで、
  中国が目指す「人民元の国際化」に一歩前進した。
  一方、国内総生産(GDP)で、世界2位の経済大国と
 なった中国には、国際金融市場での存在感に見合った責
 任を果たすことも求められる。
  しかし、国際化へ問われる改革・・、中国は2020年を
 めどに人民元相場を自由化する方針を示しているが、
  市場では「今のペースでは難しい」との見方が大勢だ。
  むしろ、「改革が後退している」との声も上がる。
  中国では・・(以下、略)
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (増補版)444E2/3:1/3:気... | トップ | (増補版)446E2/3:1/3:気... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。