NPO法人猫の味方ネットワーク

不幸な猫を幸せに・・・命を大切に・・・

腎ケア

2017年07月12日 11時34分58秒 | Weblog
腎ケア
3年も前に購入した腎ケア
賞味期限が切れて
どうしようと考えていました

食べないのです
他のフードに混ぜると
これだけが残っている



新しいパッケージ



フードの中に脱酸素剤入り
活性炭素が入って
フード自体が真っ黒

飼い猫が腎不全になると
動物病院では
腎臓サポートを勧めて
フォルテコールの投薬

このフォルテコールの値段ほど
ばらつきがある薬はありません
フォルテコール2.5㎎1錠170円前後

400円もの高値で
売られている病院もあります
またジェネリックもあるので
ネットで購入する事もありかと

このフォルテコールは
猫には尿たんぱく漏出抑制剤用
犬にとっては慢性心不全用

猫は腎臓が弱く
犬は心臓が弱い為に
それぞれの死因は腎臓か心臓

また2種類の味があって
飲ませやすい薬

腎臓サポートも種類があり
スペシャルが一番嗜好性が良い
それにフォルテコールを組み合わせて
時折の点滴

それで3年は延命できると思います
また腎臓用には猫用キドナがあり
ミルクなのですが
これはかなり嗜好性が悪く
亡くなったリリースは
大好きだった事で
3年の延命が可能になりました




最初の腎ケアですが
捨てるのは困ったものだと
外猫に出していました
いつの間にか無くなっている
食べている猫がいるのです

室内の猫はまったく食べません
活性炭は腎臓老廃物を除去してくれる
との事なので
錠剤でも売られています



腎不全で延命した猫は
腎臓ではなく癌になって死んで行く
リリースは顔に出来る癌だった為に
顔が変形して本当に可哀想でした

延命も必要なのか
腎不全で死んだ方が
良かったのではないか
泣き明かした記憶でした

癌で亡くなる猫が多い
昔は短命だったので
癌までにはならなかったのでしょうが
人間と同じで
猫も癌は何とかならないかと
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火葬の種類 | トップ | ジアルジアの恐ろしさ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL