NPO法人猫の味方ネットワーク

不幸な猫を幸せに・・・命を大切に・・・

今年亡くなって猫たち

2016年12月30日 21時42分46秒 | Weblog
12/29 川越市 サトウ様 提供品他
ベルちゃんのサポーター様
サポーター料だけでなく
猫ハウス、フード他
さらに私が欲しかった
フード付き洋服
嬉しかったです
欲しくても買わなくても
あるもので十分と
思っていても頂くと感激します
段ボールに山盛りに入れて頂いて
ありがとうございます

12/30 飯能市 ヤマノベ様 提供品
当団体のポストカードカレンダーを
作って頂きました
とても可愛いです


クラウドファンティングに高額ご支援を
頂きました方々に活動報告書と共に
入れさせて頂きたいです
たくさんのフードも
ありがとうございます

12/30 入間市 ヤマモト様 寄付金
一緒に活動に参加して頂いていました
懐かしい思い出ばかりです
フクちゃんもリエちゃんも
そしてまだ元気なヤマちゃんも
活動していた時期の思い出の猫達です
お礼メールを送らせて頂きましたが
アドレスが変わったようでエラー
またぜひ秩父観光のついでにでも
立ち寄って頂ければ嬉しいです
ありがとうございます
もう10歳になるでしょうヤマちゃんです




毎年、10匹以上は亡くなります

1/7 新宿クーちゃん、武蔵村山サブレ君
1/10 千葉キイ君
2/20 立川タッチちゃん
2/25 立川リッチちゃん
3/2 秩父トラタ君
4/11 秩父タロウ君
6/7 武蔵村山ナナちゃん
8/26 秩父チーちゃん
12/24 武蔵村山ニケちゃん
12/24 小鹿野町ハカちゃん
12/26 渋谷ミイちゃん
そして

子猫
6/11 小鹿野町キジトラちゃん
6/14 神川町茶白ちゃん
6/17 神川町シャムmixちゃん

以上、15匹でした


どんな活動報告書を作成する場合も
死亡猫の数は問われません

私にとっては死亡した子の数の方が
どんなに受け入れ数より里子数より
大切です

亡くなっては新しい命を引き受ける
そんな連鎖の終わりと始まりの年末年始

また来年も続くのでしょう
あっちに捨て猫、こっちに捨て猫

殺処分ゼロを実現するには過剰繁殖を防ぐ不妊手術を
1、スグやる
2、全部やる
3、続ける

この文章はどうぶつ基金から抜粋
殺処分ゼロどころか
捨て猫ゼロを実現するには・・・・・
不妊手術しかありません

来年早々、1月17日火曜日
不妊手術搬送予定
皆野町より10匹の依頼
出来る限り月に1回にしたい

その代わりにたくさんの匹数を搬送します
2月は14日火曜日
この時は、シェルター猫
ツルちゃん、ポンちゃん、セラちゃん

ポンちゃんの兄妹も
この時に他の4匹も実施予定
また引き取り出来なかった
小鹿野町の2匹も実施予定
秩父市旅館の2匹も実施予定

越生町の23匹の猫達も
この月で終わります
これで最後のクラウドファンティング利用猫です
たくさんの方々のご支援で
最後がこの子達で終わりです

その後、活動報告書を順次お礼と共に
お送り致します
ありがとうございました!!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペットレス症候群 | トップ | 今年もたくさん支えて頂いて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL