NPO法人猫の味方ネットワーク

不幸な猫を幸せに・・・命を大切に・・・

新しい猫の入所

2017年01月30日 18時45分14秒 | Weblog
1/29 秩父市 ウチダ様 寄付金、提供品
たくさんのフードを頂きました
当然の事をしたまでのキナコちゃん
これからは迷子にならないように
お願いしたいと思って
GPSのお話になり
実はみいちゃんに付けたいと購入したGPS
付けることなく山猫になってしまいました

このGPSは私のラクラクホンでは
使えない事が判明
その為にぜひキナコちゃんに
使って欲しいと提供しましたら
売ったわけでもないのに
買い取って頂けました

提供するつもりだったのに
ありがとうございます


新入りです



グレーのキジトラ
不妊手術未
オス
年齢3~5歳(?)かな
飼い猫
首輪の跡はなし
ベタベタスリスリ
体重7Kはあるでしょう
でかい

秩父の牧場に捨てられていました
そこには2匹の茶白がいます
この2匹は長毛でブルーアイ

この子を去年保護したいとの依頼でした
洋猫でとても綺麗なので
2匹とも保護予定でした

ところが近くまでは行けるのに
それ以上は逃げてしまう
捨てられた当初は
手から餌を食べたそうです

どんどん野良化して行きます
そしてどんどん人馴れ度が悪くなる
そのパターンでした

捕まらない状態が続いて
保護主さんは諦めていたのですが
そこにまた捨てられていました

この子はとても人馴れしていて
抱っこも出来るとの事
2匹は仕方ないですが
元飼い猫が餌もろくにない場所で
生きて行くのは過酷

昨夜に保護
シェルター入りしました
確かにベタベタで爪も切れます
お腹が空いていたのでしょう
缶詰を平らげました

しかしその後は
シートの後ろに隠れてしまったので
慌てて猫用コタツを用意
のみは居なかったのですが
蚤ダニ駆除剤を塗布

コタツの中に抱っこして居れたら
すんなりと落ち着きました

隅っこで固まったまま

声を掛けるとお返事はしてくれます
システムトイレでオシッコしていました
ご飯は食べていません

今日はそのままで缶詰をコタツに入れて
食べてくれるか心配

不安と恐怖で一杯でしょう
昨日のクマ君はサン君と命名して頂きました
昨夜からソファーの裏に隠れて
ご飯も食べないとの事
サン君もトイレはしてあったそうです

猫にとって環境の変化は
とっても辛く不安と恐怖なのです

ここを乗り越えてくれるまで
時間が掛かります
サン君の里親さまもそっとして
待っていますとのお返事
有り難いです

私もボク君と命名
ボク君が少しでも私に慣れてくれるまで
時間との戦いです

牧場だったのでボク君
発情はしていません
かなり太っているので
可愛がって居た事は間違いないでしょう

ボク君との戦いが始まりました
2/14日の不妊手術はいっぱいですが
ボク君も施術とワクチン接種
エイズ・白血病検査、検便です
頑張ります
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クマ君、こんな事になりました | トップ | この写真はどうやって作るの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL