NPO法人猫の味方ネットワーク

不幸な猫を幸せに・・・命を大切に・・・

ジアルジアの恐ろしさ

2017年07月13日 14時26分32秒 | Weblog
7/12 ヤマザキ様 寄付金
どちらの方か存じ上げず
アドレスで探しましたが
解りません
でも有難いご寄付に感謝です
ありがとうございます

7/13 秩父市 ワカバヤシ様 寄付金
去年に捕獲したい母猫が
いるとのご連絡後
まったくご連絡がなく
また4匹の仔猫が産まれて
今度こそはとご連絡を頂きました
増えて行きます
また増えればご近所の
ご迷惑になる事は間違いない
自分さえ良ければ
と思っている猫好きが
多くて本当に困ってしまいます
今回のご連絡は
思い余っての事でしょう
仔猫の1匹が交通事故で
重篤になり入院
こんな事はもう繰り返したくない
そう思われたとの事
全匹の不妊手術また
里子に出そうな仔猫は
里親探しとご協力をしたいと
思っています
まだ何もしていませんが
頂きました
ありがとうございます

7/14 南房総市 イワサキ様 寄付金
ご夫婦でいつもより多めに
ご寄付を入れて頂いて
感謝、感謝です
南房総市に引っ越されて
たくさんの猫を保護されました
どこにもいるのです
不幸で行き場のない猫達
自分さえ良ければ良いと
思われている陰で
たくさんの人々の迷惑と
そして猫嫌いを
増やしているのです
猫好きが拾えば良い
猫好きが餌を上げれば良い
そんな問題ではないのです
社会全体で行き場のない野良猫が
増えないように
おひとり、おひとりが
1匹、1匹とやって頂きたい
武蔵村山市内から引き取ったクッキーは
死んでしまうような痩身でも
口腔内も悪くなかったのに
とても残念でした
もしかしたら本人は解っていたのでしょう
身体中に異常を訴えるサインを
治療したとしても嫌だったかも
そう考えるようにしています
いつもありがとうございます


3匹の秩父市内の仔猫





ジアルジアに感染していたなんて
思いもせず
今まで過去にジアルジアに
感染した仔猫もいなかったので
やっかいな虫はコクシジュームと
ばかり思っていました

ところがジアルジアは
感染して体調を崩して
発症すると腸管に巣食って
どんどん増殖するそうです

その為にこの3匹は1日に
カルカンウェットを6袋も
食べていたのです
次から次へと欲しがって鳴く
垂れ流し状態のウンチ

乳酸菌や下痢止めも試し
さっぱり効果なし
ブロードラインで虫は落ち居ていると
思い込みましたが
万が一、コクシジュームが居るのでは
と検便

もっと早くやって上げれば良かった
それがとても悔しい
可哀想な事をしてしまい
3匹にはいつもと違う情があります

そして真菌にも感染
その原因がここである場所を発見
これも可哀想な事をしてしまいました

コンクリートの床で安心していました
床に何も置いてない訳ではなく
キャットタワーを置いていた場所に
何と大量のカビが発生

本当に安易な安心は禁物だと
つくづく3匹に申し訳ない事を
少しずつ、少しずつですが
増えなかった体重を戻してもらって
ワクチン接種まで
持って行きたい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腎ケア | トップ | 免疫力の強い子と弱い子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL