ビーズうさぎのハナちゃんです!!

日々の生活、山登りや釣り、ドライブなどをアップします。ここの所、巨樹めぐりがメインですが!(汗)

栃木県市貝町、市塙日枝神社(熊野神社)のケヤキと杉です!!

2017-06-18 10:08:46 | 巨樹・大木
市塙地区は、市貝町役場の南約1kmのところ

真岡鐡道いちはな駅南西側の線路沿いに日枝神社と熊野神社が並んで在ます

参道への入り口道路脇に車を止めさせて頂きました

参道入り口にケヤキの巨木が在ります


参道入り口に大ケヤキがあります、しかし主幹は切られてしまっています

南側から、目通り幹周り5,8mの巨木です


参道入り口の鳥居です

日枝神社と熊野神社が並立しているようです

両神社の由緒です
   日枝神社御由緒
      主祭神 大山咋命 配祀 大物主命
     第74代鳥羽天皇の永久年間(1114年頃)に市高の字結谷に創立され、現在地に勧進されたのは
    第76代近衛天皇の久寿2年(1155年)と伝えられる、その後社殿は数回にわたる改築を受けてい
    るが、現存する本殿は第118代御桃園天皇の安永8年(1779年)の完成で、昭和63年4月5日
    市貝町指定有形文化財に指定される。
      祭礼日(熊野神社も同日)
       2月3日 節分祭 2月17日 祈年祭  4月第二日曜 春祭り
       8月第一日曜 例大祭(八朔祭) 11月23日 新嘗祭
   熊野神社御由緒
      主祭神 イザナミノミコト 速玉男命 事解男命
     第69代御朱雀天皇の長暦2年(1038年)紀貫之五代の茵裔市花十郎直正が館の守護神として祀
    ったのが始めと伝えられている、社殿は市塙字古宿(境内地貮反七畝)に在ったが、明治30年4月に
    日枝神社境内内に移転、現在に至っている。現存する本殿は第119代光格天皇の享和元年(1801
    年)の再建で、昭和63年4月5日市貝町指定有形文化財に指定される。


写真付の説明版もあります

正面の社殿は日枝神社です

本殿覆い屋です

本殿は町指定有形文化財です


社殿の西側に御神木のスギがあります

社殿の脇(東側)から見上げました、目通り幹周り4,2mの大木です

とちぎの名木百選日枝神社のすぎです

石碑には栃木百選夫婦杉となっています

日枝神社の社殿の東側に渡り廊下で繋がった熊野神社の社殿です

本殿と覆い屋です

熊野神社本殿も町指定有形文化財です

手水舎と井戸(奥)があります


境内社です

境内東側の入り口には赤い鳥居が有ります

では、次へ行きましょう

『栃木県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新潟県五泉市、熊野堂禅定院... | トップ | 栃木県那珂川町、鷲子(とり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

巨樹・大木」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。