年金暮らしの自由人

サブタイトル:自然とお酒と音楽と
私の趣味や出来事を書き込んで行こうと思っています。

私がお奨めする愛聴盤 第64弾(Jazz)

2017-06-02 10:18:32 | JAZZ

 

私が所持しているアルバムの中から第64弾として、入門される方にお奨めする2枚を選びました。

ソウルトレーン / モ-ニン  の順です。

 

タイトル/アーティスト名 /アルバムデータ /ミニレビュー の順です。

1.ソウルトレーン / ジョン・コルトレ-ン / 1. グッド・ベイト   2.アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー  3. ユー・セイ・ユー・ケアテーマ・フォー・アーニー  4. テーマ・フォー・アーニー 5.ロシアの子守歌
ジャズ・サックス奏者ジョン・コルトレーンが、1958年にプレスティッジ・レコードから発表したアルバムです。1957年にプレスティッジと契約し、バンド・リーダーとしてデビューしたコルトレーンは、1959年初頭まで同社に在籍。本作は、プレスティッジで制作されたコルトレーン作品の中でも特に人気が高く、日本では『スイングジャーナル』誌選定ゴールドディスクに選ばれている。変則的にブルーノートから発売された『ブルー・トレイン』と並び、コルトレーンの初期の傑作と評されることが多い。

 2.モ-ニン / アート・ブレ-キ- / 1. Warm-up and Dialogue Between Lee and Rudy  0:35   2.Moanin'   9:35   3. Are You Real   4:50  4. Along Came Betty   6:12  5. The Drum Thunder Suite   7:33   6.Blues March   7.Come Rain or Come Shine   5:49  8. Moanin' (Alternate Take)  / リー・モーガン(tp)、ベニー・ゴルソン(ts)、ボビー・ティモンズ(p)、ジミー・メリット(b)、アート・ブレ-キ-(ds)、1958年10月30日に録音
 誰もが口ずさんだといわれるアート・ブレイキーの代表的名盤。ファンキージャズの代表曲のひとつといえばまず真っ先に思い浮かべるのが
『モーニン』だろう。ボビー・ティモンズのペンによるこの曲は、モダンジャズ黄金時代を象徴する名曲で、日本におけるジャズブームの火つけ役ともなった。 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春のおとずれ福寿草 | トップ | A列車で行こう (ジャズ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。