自由そうで自由になりきれない アラフィフおじさんの日記!

都市近郊の山里散歩、網膜剥離、タクシー許認可、看取り、脱被曝、アレルギー、男の手料理、ツーリング、ドライブ、車内泊など

チャイルドシートとシートベルト しなきゃダメだわね

2017-02-09 09:48:43 | 日記
チャイルドシート、6割が誤使用 致死率29倍にも(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース



うちも子供が小さい時は、チャイルドシートをつけて乗車していましたけれど、私が装着する分にはきちんと固定できるのですが、女房が装着したときにはグラグラで危ない状態でしたわ。我が家の女性陣だけなのかもしれませんが、何といっても説明書を読まない。これが一番の原因だと思いますわ


チャイルドシートだけではありませんが、とにかく説明書を読まない。そのくせ何か不都合が生じると製品のせいにしたりしてね。まったく困ったものですわ。このチャイルドシート以外でも、電化製品などは説明書をきちんと読まないと事故につながることもありますから、細かいところまでは望みませんが注意マークが書いてあるところぐらいは、きちんと読んで理解してもらいたいものです


なぜこんな基本的なことを面倒がるのか、ちょっとその心理が理解できないので、日々の生活もけっこうストレスがたまったりするもんですが、説明書きがなくても取り扱い方次第で早く壊れそうなこともありますよね。その最たるものが扉の開け閉め


まあメーカーからすれば、力強く開け閉めすることも想定しての設計でしょうから、しばらくは問題なく開け閉めができるのでしょうが、より長く使うには丁寧に使うことが一番だと思いますね。けれど、これができない。いつでも「バンッ」「バシッ」と力いっぱい閉めるもんですから、いつガタついてくるか心配で仕方ありませんわ。そして扉のしまりが悪くなると「この家不良品だわ」と一言


家電の取り扱いでも似たようなもので、何か不具合があればすべて商品のせいにされますから、メーカーからしたらたまったもんじゃないですわな。もっと物の寿命とかを考えた使い方をできないものか、いつも言ってはいますがすでに諦めているのか、それともメーカーのせいと決めつけているからか、一向に変わる気配はありませんね


私は物作りが趣味ですから、どうしてもここは弱くなってしまう、とかこう使わないと壊れやすい、という構造的な欠点はどうしても出てくるものというのを理解していますから、どうもこういった考え方には賛同できないでいますわ。物が早く壊れるということは、使い捨ての悪しき文化を助長させるだけですから、なんとか辞めさせたいのですがね。なんとかなりませんかね...



話しは戻りますが、最近は娘を車で迎えに行くと、結構な割合で友達も一緒に送ってあげることがあるのですが、これがまたシートベルトをしないんですね。ここら辺の家庭では、けっこう当たり前のようで、小さい子供をチャイルドシート也、シートベルトなしで乗せている家を見まけますわ


事故が起きてからでは遅いんですが、それに気づくことができないんですかね?うちの子は生まれた時からきちんと教育していますから、乗車と同時にシートベルトをするのが習慣になっていますが、友達の家の車が装着なしだとそれに従うことになり、私としてはとても迷惑ですよ。人のうちの子ども乗せて何かあったらホントどうするのでしょうか?お願いだからシートベルトしてもらいたいです


まあこの辺でシートベルト未装着で警察に切符を切られることもないですから、どうしてもその装着効果を考えるきっかけもないのかもしれませんね。なんとか田舎でもシートベルトの装着率があがる施策を実施してもらえると嬉しいです


子供の交通安全教室だけでなく、大人の交通安全教室もやらないと、大人の行動を子供はよく見ていますから、その教室自体をバカにしてきちんとうけなくなりますからね。是非ともお願いします







ではまた
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発達障害について考えてみたわ | トップ | 網膜剥離 7回目の手術 術後一... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。