自由そうで自由になりきれない アラフィフおじさんの日記!

都市近郊の山里散歩、網膜剥離、タクシー許認可、看取り、脱被曝、アレルギー、男の手料理、ツーリング、ドライブ、車内泊など

カブトムシの飼育箱

2017-07-13 11:49:00 | 里山の生き物
ネットを色々と見ていると、カブトムシの飼育箱は様々なものを作られているようで、私も現在手持ちの材料で作ってみたところ、不具合が出たのが二つ


一つは網戸の網を使ってみたけれど、カブトの角でこじ開けられそうになったので、急きょ鉄ワイヤの網を購入して上から貼ることにしましたので、こちらは解決いたしました


そしてもう一つは、コンパネを床と側壁にしたので腐食しないようにと土嚢袋を内側にペタペタと貼ったところ、カブト達が一斉によじ登ってきてしまい、エサを追加するために蓋を開けるたびにわっさか出てこようとするので、壁を登れないように上っ面あたりに、薄っぺらい銀マットを貼ることにしました

作戦は成功


途中まで登っても、銀マットのところでツルツルとすべってそれ以上登ることができず、これで安心して蓋を開けることができますわ






ちなみに、今飼っているカブトムシのオスはこれくらい。羽化後2週間くらいでしょうか?もう元気が良すぎて困ってしまうくらいです。昼でも夜でもお互いの体が触ろうものならケンカの始まりですから、この先8月までなんとか元気に乗り越えてもらわねばなりません



メスは昼間はおとなしくマットの中に隠れているので、問題なく餌を追加できるからうれしいのですが、こちらはちゃんと栄養をとってもらって元気な幼虫を生んでもらえるようにしたいと思いますわ


いつ頃にペアを作ればいいですかね?ちょこっと勉強して来年も頑張ってたくさん育てたい?と思いますよ












ではまた
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ♀32匹、♂47匹 合計79匹が羽... | トップ | カブトムシ ♂の大量死!!!!!! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。