自由そうで自由になりきれない アラフィフおじさんの日記!

都市近郊の山里散歩、網膜剥離、タクシー許認可、看取り、脱被曝、アレルギー、男の手料理、ツーリング、ドライブ、車内泊など

FXは博打か?

2016-10-13 23:04:37 | FX初心者
FXでトレードを始めてから、そろそろ2週間がたちますが、まだまだ大負けして小勝することの繰り返しで、今は+190Pipsくらいです。それでも損失がでていないだけマシなのかもしれませんが、どうもエントリーするポイントをうまく読めていないのが原因のようです。それと超短期でトレードを成立させようとするから、予想に反した動きが出るとあっという間にマイナスが拡大して、その大きさにビビり損切をする。儲けが出てもまた下がるかもしれないという恐怖心から、小銭稼ぎの利確をしてしまうことの連続ですわ


それでも何となく、大きな指標発表とか要人の発言とかで相場が大きく変動しない限りは、きちんとエントリーできれば損はしないのではないか?と思えるようになってきました。なのでFXは博打ではないですね。きちんと相場を見て、ニュースやトピックスを確認して、いざという時に損切さえできれば立派な職業に成り得ると思いました


だって世の中には、借金ばかりが膨らんでまったく利益が出せない個人事業主だって山ほどいますから、それに比べたらきちんと利益が望めるのだから、よっぽど健全な商売なのではないでしょうか?よくFXの指南本などを書いている方々も「FXはリスクがあり、そのリスクは本人が負うもの」という類のことが必ず書いてありますが、世の商売もまったく同じで、小売りなら仕入れた商品を売りさばくことができなければ、在庫が積まれる一方で損失が膨らむという部分では、FXのリスクとなんら変わりはないですね。変わるとしたら、自分の営業努力で売り上げを伸ばすことができる可能性がある、ということでしょうか?


でもFXだって、きちんと相場を研究して世の中の情報を収集すれば、決して損ばかりではないと思いますよ。できるだけ冷静に、きちんと自分に納得がいくトレードさえできれば、そして莫大な利益を望まずに、小規模に稼いでいけば問題ないのではないでしょうか?


そもそも博打とは、人の力ではでどうしようもないことに対して賭けてゆくものですから、トレードをする人が上か下かの気分でポジションをとっているのなら、それは立派な博打なのかもしれませんが、私は決して博打にはしないように今も猛勉強してますよ


これからFXを始めようと思っている方も、私と一緒に利益が取れるように頑張ってゆきましょう!






ではまた
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さんぽ道 ―秋ですなぁ― | トップ | 完成した自分の机でFXの実践 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。