自由そうで自由になりきれない アラフィフおじさんの日記!

都市近郊の山里散歩、網膜剥離、タクシー許認可、看取り、脱被曝、アレルギー、男の手料理、ツーリング、ドライブ、車内泊など

網膜剥離 2016年最後の定期受診でした

2016-12-27 14:13:00 | 網膜剥離
年末も押し迫った12月27日ですが、今年最後の広大定期受診となりました


今年の7月に7回目の網膜硝子体手術を受けて、あえなく再剥離が確認されてからまもなく半年です。今はまだ網膜を定着させるシリコンオイルが私の右目いっぱいに入っていますが、そろそろこのオイルを抜き取る手術の日を決めねばならないなぁ、と考えておる今日この頃の受診です


しかし昼前10時50分に受付しましたが、検査を受けたのが12時55分と二時間以上も待たされ、診察を終えたのが午後1時半になってしまいましたわ(T-T)


まあ、大病院なのでそれは仕方ないとして、驚いたことに網膜の先生は今は広大での手術をしていないと言うではありませんか!そして、どうするかと言うと、今勤務している近隣の吉島病院なら自分が執刀できるというので、いまさら他の先生に執刀をお願いするのも何なので、吉島病院に行って手術することにしましたよ


日赤病院よりもさらに海側になるので、うちからは遠くなるから手術以外の受診は今まで通り広大で受けることにしても、まあ家族にも手間をかけることになりましたわ


けど、大学病院というところは入れ替わりがまた激しいんでしょうね。市内には病床をたくさん抱える病院も多いので、先生のやりくりも大変なんでしょうね。診療報酬も減っていくなかで、ほんま医師という職業は大変と言う以外言葉が見当たらんですわ


来年1月に受診すれば1月中に手術が可能らしいのて、早めに心の準備を整えて行くことしましょうかね



けれど今日はサンドールを両目に点されてしまい、しばらくはハンドルが握れそうもないので、ここスタバで時間を潰すことにしますわ







ではまた
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年のクリスマスパーティ... | トップ | 2016年の目標『1年の平均体重... »
最近の画像もっと見る

網膜剥離」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。