自由そうで自由になりきれない アラフィフおじさんの日記!

都市近郊の山里散歩、網膜剥離、タクシー許認可、看取り、脱被曝、アレルギー、男の手料理、ツーリング、ドライブ、車内泊など

このニュースはどうなんでしょうかね?

2017-04-17 13:48:03 | 日記
北ミサイル どう身を守る - Y!ニュース


このニュースでは、今いる場所でもどうやって身を守るか?というのを考えたいと思っているようですね


けれども過去の経験からして、政府がきちんとJアラートを発信するとは思えないんですよね。だって福島第一の事故の時にはパニックになるという理由からスピーディーの情報を隠しましたからね。まあ着弾場所が東京や大阪から離れた場所で、被害が甚大とまではいかない場合にはJアラートを発信するのかもしれませんが、着弾予想地点が都心部だとしたら間違いなくパニックになって二次災害が必至だと考えて、何等かの理由をつけてJアラートを発信しない可能性も捨てきれないのではないでしょうかね?


そうやって考えたら、Jアラートが発信されたときのための防護を考えるよりも、より着弾の可能性が低い地方に生活の場を移動することを考えたほうが良いのではないでしょうか?まあ夫婦の場合であれば、女房子供だけでも田舎に逃がしておくとかした方が、北朝鮮がミサイルを発射すると考えている人たちにはより現実的なのではないでしょうか


この前に総理大臣が言っていたように、生物化学兵器や核爆弾を搭載できるミサイルの開発はほぼほぼ済んでいるのは、かなり前から話題になっていましたし、おそらく本当なのだと思いますね。これは北朝鮮がミサイルを発射したときの何かの言い訳につながってくるのだと思いますね


そうやって考えていると、やはり何としてでも軍事衝突は避けてもらうのが一番でしょうね。日本政府や政治家の方々も、軍事的な緊張は利用できても軍事衝突は政権維持にかなりのダメージを与えるでしょうから、おそらく真剣に交渉をしてくれていると思うんですがね。期待する私はお人よしなんでしょうか(汗)


とりあえず、飛んできても着弾地点から至近距離にいたらどうにもならないようなニュースよりは、どのくらい和平に向けた交渉が行われているのかを、表層的に出せる分だけでも出してもらえたらと思いますね


今日の雨が災害を起こしませんように(祈)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 確かに… 自分はどうかな? | トップ | それでも落ちない支持率はな... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。