here and now

いま ここ 大切に。日々の思いを綴ります。
写真日記 http://ameblo.jp/hanadiary912/

「承認」の欲求ではなく、「貢献」の欲求を。

2017年07月12日 | カウンセリング
一時ブームになった

「嫌われる勇気」ですが。


折にふれ読み返しています。



やっぱりアドラー心理学は

奥が深い。


その時、その時の

こころの迷いに

光を差し込んでくれます。



最近のお気に入りの言葉を

自分のメモ代わりとして

記しておきます。




 *  *  * 

(以下引用)


・仕事の本質は、他者への貢献。

・「自己受容」とは、交換不能な「このわたし」を

ありのままにうけいれること。

・「他者信頼」とは、他者に対して、無条件の信頼を寄せること。

・自分の属する共同体に居場所を見出す。

「ここにいてもいいんだ」という所属感。

・他者のことを「仲間」だと見なすためには、

自己受容と他者受容の両方が必要になる。

・他者のことを敵だと思っている人は、

自己受容もできていないし、

他者信頼も不十分なのです。

・「他者貢献」とは、仲間である他者に対して

なんらかの働きかけをしていくこと。

貢献しようとすること。

・他者貢献が意味するところは、自己犠牲ではありません。

むしろアドラーは、他者のために自分の人生を犠牲にしてしまう人のことを

「社会に過度に適応した人」であるとして警鐘を鳴らしているくらいです。

・われわれは、自分の存在や行動が

共同体にとって有益だと思えた時だけ、

つまりは「わたしは、誰かの役に立っている」と思えた時だけ、

自分の価値を実感することができる。

・他者貢献とは、「わたし」を捨てて誰かに尽くすことではなく、

むしろ「わたし」の価値観を実感するためにこそなされるもの。

・他者に貢献するのは、自分のため。


  *  *  *

以上、「嫌われる勇気」よりの引用。



いまの仕事に感謝。


昨年に続き、今年も

傾聴講座の講師の経験をさせていただく。

「他者貢献」の気持ちを大切にしてゆきたい。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もし自分がわからなくなって... | トップ | じゃがいも掘り »
最近の画像もっと見る

カウンセリング」カテゴリの最新記事