季節の中

季節を感じるお話とフォト~ゆたりと流れる日時計の時

豆桜咲く

2017年03月22日 | 山でみた花

毎年見に行く丹沢の豆桜
下向きで 小ぶりの 色濃き 桜

山は 貧栄養だから 小ぶりの花に なりやすい
でも
色が 濃いのは なぜだろうと思う
殺風景な山を 彩る 神の粋な計らいか

今年の丹沢のふもとの豆桜は
地上のソメイヨシノより早く
満開だった

豆桜咲く二百九十メートルふもとから
千四百九十一メートル山頂までの途中にある豆桜は
いまだ 小さな小さな蕾
そして
山頂は雪がやや残っていた

次に行くときは
山復の豆桜の満開の時

豆桜(マメザクラ)

バラ科、サクラ属の植物。桜の野生種の一つ。富士山近辺やその山麓、箱根近辺等に自生しており、フジザクラ

ハコネザクラとも言う。マメ(豆)の名が表すように、この種は樹高が大きくならず、花も小さい。

3月下旬~4月上旬が開花期

2017/3/19 丹沢 塔ノ岳  山頂は春の暖かさにも残雪


この記事をはてなブックマークに追加

三千メートルの夕暮れ

2016年09月14日 | 遠くの散歩


北岳のアーベンロート(Youtubeへ)

一年ぶりの三千メートル
一年ぶりの三千メートルの夕暮れ
一年ぶりの三千メートルの空気感
一年ぶりの三千メートルの草花達

下界で見えない自然
下界で見えない自分

自然の中で
素の自分に帰る

 


この記事をはてなブックマークに追加

三千メートルの花束

2016年09月13日 | 山でみた花

 

厳しい環境

だからこそ

短い夏に一斉に

花を咲かせる

北岳三千メートルの花束(Youtubeへ)

 


この記事をはてなブックマークに追加

ハクサンフウロ[白山風露]

2015年08月31日 | 山でみた花

ハクサンフウロ[白山風露] フウロソウ科 フウロソウ属@剱岳  日本固有種である。 本州の東北地方から中部地方にかけて分布。

山の花は 白と黄色が多い

その中で 淡い紅色は数少ないと思う

健気な感じ

 


この記事をはてなブックマークに追加

シナノキンバイ 信濃金梅

2015年08月07日 | 山でみた花

シナノキンバイ 信濃金梅 キンポウゲ科 キンバイ属@剱岳

八月の初旬 三千メートルの山々は 花で輝く

一瞬の輝き

その一瞬をみるために

足を運ぶ

そして愛でる


この記事をはてなブックマークに追加

春咲きの竜胆

2015年05月02日 | 山でみた花



竜胆の青い花
秋を
思い浮かべます

秋の竜胆に比べずっと小花
花姿は 竜胆
名前は
ふでりんどう

可愛らしい

この記事をはてなブックマークに追加

三千メートルの可憐 ~薄雪草トウヤクリンドウ

2014年09月16日 | 山でみた花

もう少しで頂上

もう少しで 三千メートル

この岩場の間に

可憐な高山植物がエーデルワイスで知られる薄雪草

 

トウヤクリンドウ


この記事をはてなブックマークに追加

ヒトリシズカ

2014年04月06日 | 近くの散歩


久しぶりのアップ。近くの公園に行きました。ヒトリシズカが春のを感じさせます

この記事をはてなブックマークに追加

勿忘草

2013年04月15日 | 盛花
お疲れの時には
ここに
お立ち寄りください

ここは
のんびり 季節の中に 咲く花を
 

勿忘草 、オオイヌフグリ
名前は 雲泥の差だけど
ここでは、野の草花
ちょっと 眺めることもできます




振り向けば勿忘草の色冴えて明日のために咲くと思えり   鳥海昭子                       
          オオイヌフグリなどと命名される花がある一方で、ワスレナ
         グサといしうロマンチックな名前をつけてもらえた花もあり
          ます。人気の秘密は名前にもありそうです。

勿忘草【学名】Myosotis alpestris Myosotis : ワスレナグサ属 alpestris : 亜高山の,草本帯の 【科名】紫(むらさき)科【属名】ワスレナグサ属【別名】forget-me-not 、ミオソチス 【原産地】・ヨーロッパ原産。【園芸分類】一年草(本来は多年草)【花色】白、青、【花期】春から夏【花言葉】私を忘れないで
 

 


この記事をはてなブックマークに追加

チューリップ

2013年04月15日 | 盛花
鳥海さんのこの歌が好きです
始めてこの歌を見たとき
すごいなあと心底から思いました
それと
素敵だなと

合掌した手 きっと 子供の手
ありがとうの手と
思います

 

合掌のかたちの赤いチューリップ
       今日の私をやさしくします   鳥海 昭子
合掌した手をゆっくり開いたような形をしたチューリップの花 球根から芽を出し、葉を広げ茎を伸ばしてついに咲いた花の 大地に対する感謝の形でもあるように思うのです


この記事をはてなブックマークに追加