花便り

四季の花を紹介できたらイイナァ〜

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

楊貴妃の睡り 海棠

2006-04-24 11:58:46 | 花の写真

 

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身よにふる ながめせしまま (小野小町)

古典に弱い私もこの歌なら知っており、この歌のとおり季と世の流れの速さを感じます。桜がすむ頃庭の海棠が咲きます。下向きにぶら下がるように咲く花なので、ちょうど見上げて眺めるにはとても美しい花なのです。海棠は漢名だそうで、中国ではねむれる花(睡花)の異名があります。これは楊貴妃の次の故事に寄るようです。唐の玄宗皇帝が楊貴妃のほろ酔い姿を見て「妃はまだ酔っているのか」と聞いたところ「海棠の睡りいまだ覚めず」と答えたようです。それ以来海棠は美人を形容する言葉となっているようです。わが庭の海棠はちょうど西行の逝った日(陰暦2月15日)のころに毎年咲きます。今の太陽暦で言うと40〜50日遅いようなので西行は4月の中旬の頃に亡くなった事になり、西行の望んだ通りの死となったのでしょうか。今年も4月15日が満月のような月だったので、庭の海棠の下で西行の詠んだ歌を思いました。

願わくは 花の下にて 春死なむ そのきさらぎの 望月のころ (西行)

楊貴妃より西行の死を思いつつ・・・             

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 教えてください | トップ | 花色々 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スズラン (Unknown)
2006-04-25 20:44:08
初めて見る花ですが、見事に美しい花なので、うっとりしました。家の庭で花見が出来るのは、素晴らしく、手入れが行き届いてるように見受けられます。詳しい説明がされていて、さすがに知識の豊富さに、感心しております。
珍しいですね (とまと)
2006-04-26 21:35:29
私はこんな名前を聞いた事もありませんし、見たこともありません。

その上、花便りさまはちゃんとこの花の名前の由来まで知って

おられるなんて・・・素晴らしいです。

何科に入る木なんですか? かいしょう と読むのですか?

疑問符だらけです。
何科? (とまと様)
2006-04-28 11:01:24
調べてみました、バラ科です。何処にでもある花木ですのできっと見たことあると思います。よく盆栽で見ますが。植木を買った時枯れかけた海棠の盆栽用の苗を、要らないからと下さったのですが、盆栽は出来ないので地植えをしてほっといたら大きくなりました。蕾のときは濃いいくれない色でだんだんと淡い色となり、私はとても好きなのです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL