昭和・私の記憶

途切れることのない吾想い
生涯の記憶を切取らん

 

故郷に錦を飾るまでは

2017年07月18日 | 2 男前少年 1963年~

どこかに故郷の香りをのせて
入る列車のなつかしさ
上野はおいらの心の駅だ
くじけちゃならない人生が
あの日ここから始った
 
昭和39年(1964年) 
井沢八郎が唄った
「ああ上野駅」 である


集団就職
「金の卵」 と呼ばれた
働く事は希望であった
高度成長期

誰も斯も
将来に夢と希望を抱いて、都会に出たのである


左親父 右貢叔父
昭和27年頃か

 故郷に錦を飾る
吾父も一旗揚げるべく、一家を引連れ
昭和38年(1963年) 大阪に出たのである

 皆(幼馴染)の在る故郷に帰りたい
其は、故郷を離れた少年の切ない願いであった
にもかかわらず
大阪に出た年の夏休み、貢叔父に連れられ帰郷したものの
これっきり・・此が最初で最後
少年の切ない願いは叶うことはなかった

昭和40年(1965年) 小学5年生(11才)の盆前

従兄弟(母の姉の息子、12才年長)が、我家にやって来て

自分等は盆に帰郷するから、一緒に帰ろうと言う

連れて帰ってやるから・・と

家で内職をしていた母は仕事を仕持って、そうして貰ったら良いと言って呉れた

「明日、迎えに来るから」

願ったり叶ったり

どれ程嬉しかったことか

さっそく、身支度をせねばと、新品の服も用意して、帰る準備もできた

私は、やっと願いが叶うと、そう、想った

ところが、その晩

仕事から帰って来た親父にその旨を伝えると

「帰られん」・・と言う

従兄弟が連れに来たが

親父は 「帰れん」・・と、只それだけであった

私の帰郷したいという願い、幼馴染と逢いたいという願いは叶わなかった

今度も亦、涙を呑んだのである

そして、呑んだ涙の分、望郷の念が募った

 親父の想い
盆に成ると 「帰ろう」と、皆が誘う
然し
親父は 「帰らん」・・と、それだけ
「子供だけでも」 と、言っても、「うん」 とは謂わない
(帰郷の)費用は持つから、連れて帰らせて呉れ・・と、言って呉れているのに
それでも親父は 「うん」 とは謂わなかった
それどころか
親父はそう謂われる事が気に入らなかったのだ
馬鹿にするな・・と
帰る時は
「錦を飾る」
それまでは帰るまいと
親父は精一杯
己が意地を張っていたのである

ふるさとは遠きにありて 想ふもの
そして悲しくうたうもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
かえるところにあるまじや
ひとり 都のゆうぐれに
ふるさと想ひ 涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこに かへらばや
遠きみやこに かへらばや
・・・ふるさとは遠きにありて
  室井犀星
・・・
此れ
親父の其の時の想いなのであらう・・

『家族』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 下島小学校のブランコ 母と... | トップ | 林間学校 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
就職列車 (WTCL)
2016-03-14 22:11:49
懐かしいですね。

クラスの半分以上が、大阪、名古屋、東京に就職しました。
まだ、蒸気機関車で、新幹線もなく、夜行列車で出発でした。

涙で、見送ったのを、思い出します。

クラスメート同士が、東京のボーリング場で偶然再会し、
そのまま、結婚した人がいます。

ああ、上野駅の歌を、聞くと、その頃の想い出が蘇って来ます。
カラオケの席では、必ず歌ったものです。
WTCL 様へ (唯我独尊)
2016-03-15 06:53:24
つい きのうの様な、遥か遠き日の
愛おしい想い出です

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む