hanacafe -こだわり野菜派-

農薬や化成肥料に頼らず!!こだわりの花・野菜やハーブ作り。
★産直情報や土のコンシェルジュとして指導の日々。

がん細胞を狙い撃ち=死滅促す仕組み解明 薬開発に期待・愛知がんセンタ-|

2012-06-12 03:55:37 | 香川の介護&医療の現状

がん細胞を狙い撃ち=死滅促す仕組み解明―薬開発に期待・愛知がんセンター

時事通信 6月11日(月)21時31分配信  

人間などの哺乳類の細胞にある突起物「一次線毛」の働きを利用し、がん細胞だけを死滅させる仕組みを解明したと、愛知県がんセンター研究所の稲垣昌樹部長らの研究グループが11日、名古屋市で記者会見して発表した。研究成果は米科学誌「ジャーナル・オブ・セルバイオロジー」に掲載された。  

稲垣部長は「より副作用の少ない薬の開発に力を与えると思う」と話している。  

一次線毛は各細胞に一つずつ存在。細胞分裂を起こす時は隠れているが、アンテナを伸ばすように細胞から突き出ると、分裂が停止することで知られる。がん細胞には存在せず、がん治療への応用が期待されていた。  

稲垣部長によると、研究グループは人間の子宮頸(けい)がんの細胞と正常な網膜細胞をそれぞれ培養。一次線毛の働きを抑え、細胞分裂するのに必要な酵素「オーロラA」をそれぞれの細胞から取り除き、2、3日置いて観察した。  

その結果、がん細胞の方は中途半端に細胞分裂が進み、異常な状態で停止した上、自浄作用が働き死滅した。一方、正常な細胞は一次線毛が飛び出し、正常な状態を保ったまま細胞分裂が停止したという。  .

早い、薬の開発を…

何故…!?がん闘病中、または克服されたお客様に
『こだわりの野菜』が人気なのは…hanacafeの愛情がいっぱいと…

また、ひとり海の向こうから…

幸せの種まきかしら


『こだわりの野菜』で免疫力アップに…

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葛飾区の公園駐車場の土から... | トップ | 若手は『論文より100人の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。