止まり木

一歩、一歩。~あせらずあきらめず~

月の光。

2016年10月16日 20時42分16秒 | つぶやき


眩しいくらいの月の光です。
今日が、満月だったかな。


子供の頃、夜に、母と祖父母の家から帰るとき、街灯もろくにないような田舎道を通ると、それはそれは真っ暗で、怖がりな私は、必死で早歩きの母についていきました。

そんなとき、月がでていると、本当に安心したものです。月の光って、すごいなぁって、こんなに明るく照らしてくれるんだなぁって。

そこを抜けると、少し車の通りがあるので、車のライトが頼り。でも今度は、狭い橋の上を歩くのが怖い。

駅までどれくらいでしょうか、今考えてもよく歩いたなって思います。

駅に近くなると、醤油屋さんからあまーいお醤油の匂いがしてくるので、分かります。九州のお醤油は、甘いのです。

ここまでくれば、駅はもうすぐ。

駅のホームで、やっと着いたと、空を見上げます。

真っ暗な道、母は、怖くなかったのかな。
母も、月の光にほっとしたのかな。

記憶にはないけれど、もしかしたら、「今日は、月が明るいね」なんて話をしながら歩いたのかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キレイだよ。 | トップ | 里芋のマッシュ煮。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む