眠田ころんのひとり言  

~ 日々感じたこと、あれこれ ~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4月17日~4月20日の空 (筋雲他)

2014年04月20日 | 

4月17日

・ どこか弱々しい太陽

・ 相変わらず続く、白い空。


 

4月18日

・ 穴の開いた、雲?

・ これは、スノーデンさんの言われている、死の光線?


 

4月19日

・ 早朝、木間の月

・ 妙な筋雲

 

・ もやに霞む太陽

・ こちらも筋雲


 

4月20日

寒い朝。

昨日の空と関係があるのでしょうか?

霞む太陽。

 


 


 

番外編

・ 障子に映る、木の影。

等伯の松林図のようだなあ、と思いました。

・ 猫とにらめっこ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日続く、白い空

2014年04月17日 | 

毎日続く、白い空

この白い空を作りだしているものは、何なんでしょう?

自然界が自然に作り出したものではない気がします。

何かを覆い隠しているようにも見えます。

熊本で鳥インフルエンザが発生したようですが、以下の情報が気になります。


 

http://ameblo.jp/64152966/entry-11820649904.html より、

311 黄色い粉(花粉)の正体【顕微鏡写真】
 

 cmk2wl ‏@cmk2wl
九州。12日7時の PM2.5 。
しばしば熊本が酷い時がある。
風向きは大陸からではない 
https://twitter.com/cmk2wl/status/454777072208969728

九州。12日7時の PM2.5 。しばしば熊本が酷い時がある。風向きは大陸からではない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤い月

2014年04月15日 | 

 http://jisbbs.com/nodes/id43530.html に、


 

地震と赤い月の関係
  • 2014年04月15日 Tue 15:44

2008年6月14日 岩手・宮城内陸地震直前の赤い月

1995年(平成7年)1月17日(阪神・淡路大震災の前日にも赤い月

2011年3月11日 東日本大震災の前日10日にも赤い月

本日も赤い月になるそうです。


 

とありますが、確かに、今朝の月は赤かったです。

2011年3月11日の1,2か月前にも、このような赤い月を見た記憶があります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太陽とカラスが変です

2014年04月13日 | 

朝から、カラスの動きが変です。

鳴きわめいているし、せわしなく飛び回っています。

太陽も、朝日なのに夕日のような印象を受けました。

カラスと太陽が変です。

何事もなければいいのですが・・・。

昨日の空。

これらの白い線の正体は?ですが、

いかにも体に悪そうな空だなあ、と感じました。

うっすらと、太陽の周りの色付きの輪が見えていますね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯨と日本人

2014年04月09日 | 

最近、読んだ本に

 ・・・・・

 肉といえば今は牛や豚、鶏だが、大正、昭和の初めは鯨。農山村で最も利用したのが、油脂をとった後の煎り皮。油脂は稲の害虫うんかを殺虫するために田んぼにまいた。幕末日本にきていたシーボルトが記録している。

 鯨肉は昭和の戦後、配給があった、小学校の学校給食が全国的になると大和煮やカツにされて出された。これは貴重なたんぱく源であった。日本人ほど鯨を余すところなく徹頭徹尾、内臓まで美しく食べ、利用してきた民族はいない。背骨は橋の欄干に(これは大阪に残っている)、ひげ(軟骨)は浄瑠璃の人形やからくり人形に使われた。日本人のエネルギー源は米や雑穀を中心にし、大豆や魚、鯨にたんぱく質を求めた。牧畜の文化を取り入れなかったから豊かな森が残った。それが里山の農業のおかげであったことを銘記しておきたい。

というようなことが書かれていました。

捕鯨については、

日本人ほど鯨を余すところなく徹頭徹尾、内臓まで美しく食べ、利用してきた民族はいない。背骨は橋の欄干に(これは大阪に残っている)、ひげ(軟骨)は浄瑠璃の人形やからくり人形に使われた。

こういったことを国際社会に粘り強く説明することが必要なのではないでしょうか?

ケネディ大使のイルカについての発言を考えてみると、調査捕鯨が禁止されたのは当然とも言えますね。

TPPなど、“グローバル”、と言うと、日本が他国の基準に合わせることを指すことが多いように感じますが、

日本のよき伝統は、堂々と世界にアピールすればいいのではないでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加