宇野系 日本宇田川らんちゅう愛好会 & らん丸の池 

宇野仁松翁より秘蔵らんちゅうの改良を託された宇田川英雄翁は2・3・4・5筋と体系づけた素晴しい魚を残して下さいました.

色変わり一号は面被り

2017-07-29 19:43:33 | らん丸の池

180Lぷら舟に150尾入れて飼っている3筋の黒子

色変り第一号は
面被り?!この仔はまだ小さいのに褪色が始まりました
またお決まりの赤?と気にも留めていませんでしたが

あれあれ!
面被りになってきた。
尾も手も赤が残って!!と欲張り心で
見守ってきた

青水の中でついこの間までは赤が残っていたように思えたが
どうやら
手が白いみたい

六鱗が出るかな?と内心期待していたのですが
そんなにうまいこといきませんなあ

『魚』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇野系宇田川らんちゅう梵天... | トップ | 宇野・宇田川らんちゅう YR... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
このまま (海龍)
2017-07-30 11:37:14
このまま面被りで納まるとよいですね。

我が家では後半戦の巻き返しが良さそうに見えたのですが、これで決まり、と思った矢先からどんどん禿げていきます。青水に漬け込んでいるのに頭抱えてます。

一番のお気に入りだった仔は、多赤更紗→六鱗→大窓→ほぼ真っ白になりました。朝からブルーです。
大化けですね (らん丸)
2017-07-30 13:05:32
多赤更紗→六鱗→大窓→ほぼ真っ白

ここまで変わるか!というようなストーリーですね!

宇野先生の対談集に“六鱗は五歳の素赤から出たものが本物”という話があったと思います。(勘違いかも)

今回の話を聞いて、当歳魚と物差しは同じにはできないけど、さもありなん!という気にさせられました。

白に赤がさし戻してきたら面白いのにね
凄い魚 (龍王)
2017-07-30 14:19:26
連日猛暑ですね
三筋の色変わりの写真を拝見さして戴きました

三筋の魚とは凄いですね
背幅の広い、顔は胴の三分の一も有り凄い
顔にビックリしました

年輪と共に、顔のフンタンが出て・魅力

一杯の魚に仕上がるのですね
退色過程 (海龍)
2017-07-30 16:29:22
いえいえ、退色中の変化です。
10日ほど前から目をつけていた仔があれよあれよという間に真っ白に。

六鱗の話、僕もどこかで目にした(耳にした?)記憶があります。5歳の猩々から出た六鱗はホンマもん、だったか?
ホンマもん、の意味がよくわかっていないのですが。

我が家で色が抜けていったことは一度も無いのですが、歳を取るごとに腹周りに赤がのってくる仔がかなりいます。新たに色素がのってくるのか、元々その素質が備わっていた所に何かのきっかけで色が戻っているのか、これもよくわかりません。
三頭身 (らん丸)
2017-07-31 05:23:33
龍王様

八頭身ならぬ三頭身が丸手・3筋の特徴で、ころころと可愛いですよ!撮影したのは餌を食べた後なので余計にそう見えるのでしょうね

3筋の面被りは親魚になると優しい顔に仕上がってきます

コメントを投稿

らん丸の池」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。