宇野系 日本宇田川らんちゅう愛好会 & らん丸の池 

宇野仁松翁より秘蔵らんちゅうの改良を託された宇田川英雄翁は2・3・4・5筋と体系づけた素晴しい魚を残して下さいました.

掬手の修理が始まった

2016-12-06 21:05:46 | らん丸の池

20年ほど前に造った自作の掬手
柄は7寸5分 枠形5寸5分と
中途半端な寸法になっています
あの頃は何も考えずに作って居たんやなあ

その頃釣竿の補修に使っていた撚り糸の根締めも
柄が痩せて緩んでいるので

100金の針金で巻きなおしてみましたが
ちょっと細すぎたわ~~


あんまりじろじろ見てアラ探ししたらアカンで~~!

今シーズンの修理第一号です
弛みが浅いと魚が網の中で踊るので
弛みを3㎝程におさめようと思っていたのですが
ちょっと深めの4㎝ほどになってしもた
まあこれ位のほうが親魚の収まりも良いかもネ

まあまあ!上出来やな!

『魚』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年賀状の用意 | トップ | 脂須の子の刺身 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

らん丸の池」カテゴリの最新記事