funky days

読書・鑑賞記録&日記

2016年9月の読書メーター

2016年10月12日 | 読書メーター
2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2468ページ
ナイス数:64ナイス

六人目の少女 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)六人目の少女 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)感想
森に埋められていた六本の腕。それは誘拐された少女たちのものだった。目に見えぬ犯人の目的はどこに……?(Amazonより)。。。背景はどこの国か(わざと)伏せられている。分厚い本なので読み切れるかな?と思ったが、どんどん色んな殺人事件が起こるし、どんどん死人が出るし、そのどれもこれもの事件に全部つながりがあって、ずっと謎をひきずり、ヒロインの過去も悲惨で、何度もびっくりさせられたが、どうにか読了。不気味な、ちょっと変わった小説だった。すっかりやられました。他作品も読んでみたいが、体力いりそう。
読了日:9月30日 著者:ドナートカッリージ
卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1838)卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1838)感想
作家のデイヴィッドは、祖父のレフが戦時下に体験した冒険を取材していた。一九四二年、十七歳の祖父はドイツ包囲下のレニングラードに暮らしていた。軍の大佐の娘の結婚式のために卵の調達を命令された彼は、饒舌な青年兵コーリャを相棒に探索に従事することに(Amazonより)。。。主人公レフとコーリャの卵を求めての珍道中。背景は「スターリングラード攻防戦」。厳しい状況でもジョークを失わないコーリャが素晴らしい。あまりにも悲惨な話がコーリャのおかげで読めた。そしてラストに驚く。これ読んでる最中、あのシーンが夢に。ひゃー!
読了日:9月20日 著者:デイヴィッド・ベニオフ
信長のシェフ 5 (芳文社コミックス)信長のシェフ 5 (芳文社コミックス)感想
信長の命により、戦国最大の商業都市・堺へ向かったケン。だが堺の豪商たちは信長に恨みを抱いていた。さらに石山本願寺には奇妙な菓子を作る料理人が! 現代の料理人・ケンを取り巻く状況が目まぐるしく動き始める!(Amazonより)。。。光秀や顕如、利休など登場してきて、更に面白くなった巻。光秀とのきりたんぽ鍋か~。信長の重臣・森可成どうなる?私もケンと同じく、森可成がいつ死ぬかわからないので、はらはらした。司馬さんの本をもっと読まなくちゃね。
読了日:9月19日 著者:梶川卓郎
銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)感想
11~13巻(続)読了。季節は巡り、ついに八軒たちが最終学年となりました。高校生活最後の団体戦に挑むエゾノー馬術部は、3年間の集大成を見せつけることができるのか!? そして八軒は、御影は・・・(Amazonより)。。。会社を起業したい八軒は、学校で再びピザ作り。この漫画も美味しいシーンが沢山あり、夜中に読んでるとおなかが・・。馬にも色んな性格の馬があるんだなぁ。メガネフェチの馬に笑った。怖いお父さんとのやりとりに苦笑。頑張れ~八軒!
読了日:9月14日 著者:荒川弘
信長のシェフ 4 (芳文社コミックス)信長のシェフ 4 (芳文社コミックス)感想
1~4巻読了。現在のシェフが信長の時代にタイムスリップ。上手に史実と組み合わされ、主人公ケンが信長のシェフとなり、話が展開する。読み始めは、よくあるグルメ&戦国漫画かと思い少々退屈だったが、3・4巻あたりから俄然面白くなってきた。また、戦国お子様ランチには笑った。ちゃんと浅井(朝倉?)家の旗がたっているよ(笑)姉川の戦いでの、姉川ホルモン焼きも、本当にこんなことあったの!?と思ってしまう。それにしても、夜中にグルメ漫画を読むと、お腹がすいてきてつらい。絵も結構リアルで綺麗だし。
読了日:9月13日 著者:梶川卓郎
僕だけがいない街 (8) (カドカワコミックス・エース)僕だけがいない街 (8) (カドカワコミックス・エース)感想
売れない漫画家だった藤沼悟は「再上映」という現象に巻き込まれて何を“得て"何を“失った"のか。自分の人生をやり直した彼が、辿り着いた時間に待っていたものとは一体…?時空間サスペンス、感動の完結巻!!。。。6~8巻(完結)読了。やっと漫画の続きが借りれた。アニメや映画とは違う展開。うん、納得の最終巻だった。
読了日:9月12日 著者:三部けい
特捜部Q ―知りすぎたマルコ― ((ハヤカワ・ポケット・ミステリ))特捜部Q ―知りすぎたマルコ― ((ハヤカワ・ポケット・ミステリ))感想
「Q」が今回挑むのは、外務官僚の失踪事件。真面目で心優しいこの官僚は、出張先のアフリカからなぜか予定を早めて帰国後、ぷっつりと消息を絶った。背後には大掛かりな公金横領が絡むようなのだが……。(Amazonより)。。。重要なカギを握るマルコが、非情な叔父の組織とアフリカ少年兵から逃げる逃亡劇、カールとのすれ違いにハラハラしながら読んだ。今回も面白かった。またアサドの過去が小出しに明かされていくのも気になる。
読了日:9月12日 著者:ユッシ・エーズラ・オールスン
罪の終わり罪の終わり感想
小惑星衝突後の世界。恐怖や暴力が蔓延し、他人を信じることも難しい。罪だけ増え続けていた。そこに彼は降り立つ。価値観を破壊し、悩める者を救済する。数々の奇跡、圧倒的な力。(Amazonより)。。。散文か?作者は日本人なのに、登場人物は外国人ばかりで、背景は崩壊後のアメリカ。「罪を罪で浄化する」など、変わった言葉使いが多い。ストーリーをどんどん追う小説ではないみたい。聖書の引用が多く、読後はもやもやする、が、かといって面白くないこともなく、なんとも不思議な小説だった。読後表紙の意味がわかった。
読了日:9月4日 著者:東山彰良

読書メーター
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年8月の鑑賞メーター | トップ | 2016年10月の読書メーター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。