ナリヒラ有機農法研究倶楽部

植物全般に深い理解と興味を持つ、主に園芸関係の経営者を中心とした集まりです。

秋らしい実物植物

2017年09月11日 | 清ちゃんのお花畑

観賞用トウガラシやジュズ珊瑚の様なアブラムシに

侵されやすい植物や、根張りの弱い植物、

連作障害にかかりやすい植物には、

ナリヒラ酵素の散布をお奨め致します。


の夜間気温が18度以上であれば効果が目に見えます。

野菜園芸だけではなくお花達にも、元気で綺麗な開花が長期間期待できます。

仕様方法は、ナリヒラ酵素 とアミノ酸を1000倍で週に1度散布するか、

ジョウロで散布するだけ。植物が元氣になる源は、

ナリヒラ酵素の触媒により植物内のタンパク量が増加する事によって、

お花達の根張りが従来の栽培と比較して2.8倍に増加する。

耐病性が増し健康で元気な植物体が形成されます。

また、植物内の高タンパク質が分解されて糖質となり、植物の糖度が上がり、

植物体内の硝酸イオン数値が低下すると、アブラムシ等の

病害虫に侵されにくい健全な植物体が形成され、よって耐病性が増大します。   

ナリヒラ酵素を使った、「ナリヒラ農法」についてのご相談は、ナリヒラ研究会(花のあらい 内) 新井迄」        

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元気なグリーンカーテン

2017年08月26日 | 清ちゃんのお花畑

日本列島が今世界中からの注目されているのが、

あの大陸間弾道ミサイルの行方と、南の島から北国まで40度以上の猛暑、

そして、連日連夜の自然界の猛威には打つ手がないダルマさんの様である。

某国の弾道ミサイルはいずれにせよ、現在すこぶる元氣なのは南国からの

アバシゴーヤや夏野菜達のベジタブルガーデンです。

続きは、花のあらいホームページ「清ちゃんのお花畑NO.198をご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナリヒラ酵素とアミノ酸がお奨め

2017年07月08日 | 清ちゃんのお花畑

春からたくさんの花々に囲まれていた我が家の庭は、

さすがに7月ともなるとみどり一色になってきました。

皆様のお庭はいかがでしょうか・・・.。

盛夏の暑さに負けないで元氣に咲いてくれる

お花は数少ない季節ですが、

そのなかでも真夏のお花達を紹介します。

日当たりの良い場所では、

ポーチュラカ・アメリカンブルー・ジニア(百日草) ・

ケイトウ(セロシア)・葉ケイトウ・ペンタス・サンパチェンスが元氣です。

この続きは、花のあらいホームページ 清ちゃんのお花畑NO.197をごらんください。

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さなハーブガーデンの作り方

2017年06月10日 | 清ちゃんのお花畑

ハーブは、大きく育つのが早いので、早め早めに植え替えすると、長期間楽しめます。

毎日摘んで食す事が出来るものには、無農薬栽培をお奨め。

農薬や化学肥料を使わない栽培方法には、

ナリヒラ農法(ナリヒラ酵素を使った)をお奨め致します。

続きは、花のあらいホームページ

清ちゃんのお花畑NO.196をご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安全で美味しい野菜

2017年04月09日 | 清ちゃんのお花畑

花冷え、花梅雨、花吹雪と桜花の季節。

今年の桜は、どうやらゆっくりとした開花ですが、

さすがに桐生の桜も満開。いよいよ春爛漫です。


 どうやら今年の春は、体にに安全な野菜や米麦の生産が、

オリンピック開催までに間に合うかどうかが問題である。

日本の農政にもさすがに足元に火が付いた様。

今の日本の野菜食料生産の現実は、 化学肥料と農薬散布による

栽培された食物が99%。天然の肥料で栽培された

有機質栽培(オーガニック)の食物は1%に満たないのです。

続きは、花のあらい ホームページ 清ちゃんのお花畑NO.194をごらんください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加