うたうつぶやく
花夢



9月8日

正論はいらない。君のうなだれた頭が僕の肩にあるから
小春川英夫

結論を先に延ばしたその訳を青い小鳥がついばんでいた
星桔梗

極論に極論重ねる楽しさよ月下美人が一輪ひらく
村本希理子

進化論からも外れて生きている化石のような愛し方をする
あみー



「論」というお題から、全体的に理屈っぽい短歌が多い気がしました。
いい雰囲気だなぁと感じた作品を。

小春川英夫さん。あま~い作品。個人的に好きです。
星桔梗さん。青い小鳥の存在がかわいい。これはハッピーエンド?
村本希理子さん。そこを楽しみますか。そして、そんなやりとりも内容も全て月下美人に吸収されてゆく。
あみーさん。これは「私らしい愛」なんてところからも遠い。化石なのだから。それが心地良い。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 060:キスのうた 062:乾杯のうた »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。