うたうつぶやく
花夢




晴れた日に丘で吹いても彼の銀のトロンボーンは雨の音がした
aruka

晴れた日のフレンチポップス 芯にあるさみしいところは手放さないの
宮田ふゆこ

晴れ渡る空のようでもあるという心をゆっくりと折りたたむ
佐原みつる

晴れた日のいちばん綺麗な青だけを切り抜いて貼りたい場所がある
里坂季夜



光景が浮かぶ作品が多く、読むのが楽しいお題でした。
清々しい作品も多く、気持ちよかったです。

だけど、選んだ作品は少しづつどこかが翳っていました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 001:始まりの... 003:屋根のうた »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。