うたうつぶやく
花夢



4月16日

もうすぐに死んでゆく蛾の羽ばたきのまるでけだるいためいきのような
野樹かずみ

陸橋にしみついた君のためいきがほどけて雪になる夜を歩く
aruka

ためいきのかたちをさとられないようにくるくるまいたマフラーの冬
月原真幸

降り積もる木の葉いちまいいちまいにあなたのためいきが宿る夜
笹井宏之



野樹かずみさん、笹井宏之さんの美しく磨かれた叙情的な光景。
詩的に使われる「ためいき」にくらくらします。

arukaさん、月原真幸さんの作品は、情景が浮かびます。
ひとつのシーンが心をこめて切り取られているみたい。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 042:海のうた 044:寺のうた »
 
コメント
 
 
 
どうもありがとうございます。 (月原真幸)
2008-04-20 12:12:55
すっかり遅くなってしまいましたが、お礼を言いに参りました。
どうもありがとうございます!
マフラーは、長いのをくるくる巻くのが好きです。

今年はなかなかペースが上がりませんが
こうして歌をとっていただけると励みになります。
意気込みだけは去年以上なので
今年もどうぞよろしくお願いします。
 
 
 
ありがとうございます。 (花夢)
2008-04-21 13:00:31
またまた作品、お借りしました。
ありがとうございました。

私も題詠のほうが滞り気味です。
一緒に頑張りましょうね~!!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。