うたうつぶやく
花夢




きえてゆくスポーツ選手のみぎかたにモンシロチョウはしずかにとまる
富田林薫

スポーツジムの「ここだけの話」聴きながらライムポトスの根も葉も伸びる
素人屋

栗の花スポーツなんか苦手でもいいのうわんとからだの匂い
ハナ

スポーツとしてあるものを身のうらの水の記憶を手繰ってすすむ
やすまる



スポーツ、難しい!
そんななか、とてもしなやかな作品たち。

ハナさん、初句に栗の花を置かれるとは。うわんと広がって強烈。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 012:赤いうた 014:温うた »
 
コメント
 
 
 
Unknown (素人屋)
2008-02-26 22:20:33
花夢さん、わたしの歌をとりあげてくださりありごとうございました。
題詠100首に参加している時は期間限定で頭が活性化していたような気がします。素人屋は現在、長~い冬眠状態です。。。
 
 
 
ありがとうございます (花夢)
2008-02-27 21:11:52
作品、お借りしました。
ライムポトスがあることで、情景を自然に馴染ませているような気がして、いいなぁ。と思いました。
素人屋さんは、今年も走りますか?
一緒に活性化できるといいですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。