妊活と毎日の事。

2016年の夏に結婚、不妊かどうかを調べる為、妊活を始めると共に不妊専門病院で夫婦で検査を受けました、検査結果は、、、

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妊活の記録として。

2016-11-26 08:06:33 | 日記
blog、はじめました

結婚して、まだ4ヶ月ですが
私が38歳、夫が48歳ということもあり、
不妊かどうかの検査を、まずは夫婦で
受けてみることにしました。

私は小学6年の時に、拳大の大きさに
腫れた卵巣嚢腫が見つかり、
片方の卵巣を半分切除しました、
そんなこともあり、、、私の年齢の事もあり、
どちらかといえば、私の方に不妊の傾向が
あるのでは?と思っていました

でも、夫の方に普通妊娠は無理かもしれない
原因が見つかりました。
夫は、精子の前進運動能力が低いという、
精子無力症でした、奇形精子も多く、
正常な精子がとにかく少ない事がわかりました。

幸い夫は、男性不妊治療を受ける気満々
なので、男性不妊を診察してもらえる病院に
夫婦ともに転院することにしました。

子供は一人が良いと思い、、、
それなら女の子を育ててみたいと思い
人工受精でパーコール法での産み分けの出来る
産婦人科を大阪府内で探しました。

まだ、転院して直ぐなので、
私はまだ初診で、高温期に出るべきホルモンが、
正常に出ているのかの採血だけをしました、
その結果ですが、全く問題ありませんでした

次は生理の3日~5日目に病院に行き、
子宮卵菅造影検査の日にちを決めます。

夫は12月1日に、転院先の病院での初診です、

どうなっていく事やら、まだまだ不安ですが、
とりあえず人工受精から始める予定です

どんなに治療が停滞しても、めげずに
悩まずに、とにかく頑張りたいと思っています
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 妊活することになった切欠。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。