あなた いったい どうして・・・・・・

旅先のホテルで夫が倒れた。
そして彼が逝って11年が過ぎた。

云々・・・なぜ〝でんでん”と読む?

2017-01-30 13:22:47 | 日々思うこと

友人からの電話で。

「総理が”云々”を”でんでん”と読んだそうだけれどどうしてそういうことに

なるのかしらねぇ。」

わたくし「ただ人偏がある”伝”の字を人偏なしで読んだだけじゃないの。」

彼女「だって〝伝伝”と〝云々”じゃ前後の意味から考えておかしいじゃない?

伝伝って何のこと?」

わたくし「そんなこと知らな~い。意味なんて関係なくただ人が書いた文を

読んでるだけなんでしょ?」

彼女は古き麻生さんの有名な読み間違いまで語りだした。

未曾有(みぞうゆう),踏襲(ふしゅう)、頻繁(はんざつ)等々。

ちょっとひどすぎるとは思うけれど読み間違いは誰にでもあることで

大仰にそれの上げ足ばかりを取っていても仕方がない。

(ちゃんと政治をしてください)

その程度の人を選んだのは我々である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「書く力」から「祝婚歌」(... | トップ | 我が庭の春の花たち »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんて申しますか、、、 (やっほ)
2017-01-30 18:43:42
言葉の前後関係から、まぁとりわけ趣旨に影響無ければ良しとします(笑)
律儀な人は許せないのでしょうね。。。

もっともお国のトップが一番律儀でなければならないのでしょうけども。
昨今、国際情勢が複雑に絡み合って、政情不安定な時代です。
国際政治の場では、自国民の利益を念頭にトップ交渉をしなければならないですからね。

因みに優秀な通訳さんは間違った言葉は機転を利かせて上手く相手に伝わるように訳します。\(-o-)/
なんの問題もありません。はい。(笑)
やっほさん (茉那)
2017-01-30 22:18:37
残念ですが(というより幸せにも)安倍さんが「でんでん」と読んだ場面を見ていませんので詳しいことは知りません。

ただこのことは友人の行く喫茶店でも話題になって盛り上がったそうです。

マンガが愛読書のお方は漢字は「読む」ものではなく、「見る」ものでしょうから、正しく読めないのは当然のことで、別に不思議とも思われません。

安倍さんの支持率も上がったとのことで「でんでん」なんて何の影響もないようです。
日本の利益のために頑張ってきてもらいたいものですが、さてこれはどうなりますか・・?心配なことです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。