あなた いったい どうして・・・・・・

旅先のホテルで夫が倒れた。
そして彼が逝って11年が過ぎた。

堺市南宋寺に家康の墓?

2016-12-13 21:46:11 | 日々思うこと

NHKの7時のニュースを見終わってお風呂に入り、出てきてテレビを付けたら

歌番組。何故か「真田丸」の音楽が流れ、堺の「南宗寺」に家康の墓があると

言っていた。大阪夏の陣で茶臼山の激戦で敗れ駕籠で逃げる途中に又兵衛の槍に

突かれて、堺まで落ち延び駕籠を開けたらこと切れていて、このお寺に隠しのちに

改葬したとの伝説。

昨年堺に行ったときタクシーを3時間余り借り切って堺市内を回った。

その時、「南宋寺」へも立ち寄った。臨済宗大徳寺派の立派なお寺だった。

家康の墓という小さな石塔があった。「へぇ~。まさかねぇ。」と思ってみてきたが

もちろんそんなはずはない。

仏殿の天井に狩野信政筆「八方睨みの龍」が描かれていて見ごたえがあったのを

記憶している。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「賢さ」はどのようにして? | トップ | 横浜ニュー・グランドホテル »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真田丸見てない・・・ (やっほ)
2016-12-13 23:41:57
そう言えば家康の終期はどうだったか憶えはないが、そうなんですか?
そうなのかも知れませんね。

単純に日光東照宮だと思っていましたが、いろいろ言われはあるようですね。
死後の所在を明かさず、屍を守り抜いたということですか?
全く気にもしていませんでした。

徳川300年も続いたわけですからねぇ、よくよく思えば途方もない歳月でしたね。
江戸文化も育まれたわけで・・・
家康 (茉那)
2016-12-14 00:05:42
大阪夏の陣の翌年駿府城で亡くなり、その後日光東照宮に祀られたようです。
静岡にも東照宮はありますね。
伝説はあくまでも伝説。後の人の創作?唐門の屋根かわらの紋どころは三つ葉葵でしたけれど。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。