あなた いったい どうして・・・・・・

旅先のホテルで夫が倒れた。
そして彼が逝って12年が過ぎた。
わたくしは・・

友人からの電話で

2016-10-29 13:02:13 | 日々思うこと

一昨日、偶然にも2人の友人から久しぶりの電話があった。

1人は大学で同じ科だった。もう1人は高校の1年先輩。

どちらも取り立てて用件があるようではなかったが、よもやま話を

ちょっとして電話を切った。

2人とも最後に「一度会いたいね」と言った。

多分会うことはない。もし会ったとしても話題が続かないだろう。

しかし何を思いだして突然電話をしてきたのだろう。

もう何年も(10年以上かもしれない)会っていないのに。

秋だからかな?

男性は案外ロマンチストで、甘えん坊だと思う。

女(少なくともわたくし)より。。

何かの拍子にふと思いだしてくれたんだと思うけれど、

「どんな拍子」だったか聞いとけばよかったかなあ(笑)。

昨日、電話をくれた友人とは会うつもりでいる。

この人とは話が尽きない。懐かしい。

友人を選り好みしてもわたくしの自由だもの。ね?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車検に出して | トップ | 忍野八海(ぶらタモリ) »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よもやま話 (やっほ)
2016-10-29 17:05:22
秋の夜の長電話ですか、秋に因んで何か心に残る思い出でもあるのでは無いでしょうか。

女性同士はどのような事を話し合うのか分かりませんが、たわい無いよもやま話しって
ところですか? 楽しいのでしょうね、きっと(^^♪

男の電話は、必ず何かの用があって、したり・されたりなので、
何の目的だったか分からないことは無いです。
目的が何だったか分からなかったときは、
もしかしてお別れの・・・なんて、不幸な事を考えたりしてしまいます(笑)

この年になると不幸の知らせが多いのも確かですが、
お悔やみのあとが
交流の場になってしまうのも事実です。。。
やっほさんへ (茉那)
2016-10-29 18:44:09
ところがね、電話してきたのは3人とも男性なのですよ。

あまり長電話ではなかったのですけれど。だって、はっきりした用事があった風でもなかったのです。
もしかしたら年賀状の整理でもしていて懐かしかったのかもしれません。

あんまりわたくしは可愛い性格ではありませんので・・・用のない電話には冷たいのです。
学生時代はまあまあ可愛かったかな、なんちゃって(笑)。
勘違いしてました(笑) (やっほ)
2016-10-29 20:13:22
あーなるほど、勘違いしてしまいました。
失礼しました。あはは~、
確かに選り好みするのは自由ですね。

そう言えば、若かりし頃のお写真は確かに美人ですね。
一瞬だけ拝見できました。(#^.^#)

茉那さん、やはり、秋はハートが人恋しくなるのかね・・・ (武人)
2016-10-31 12:17:34
茉那さん、こんちにわ
いつも、ご無沙汰している間に、10月も31日になり、世間はハロウィン日て゛、この週末は若者たちで、盛り上がっているようですね・・・
東京の渋谷では、土曜日の夜は警察官が100人も動員されて、歩行者天国にまでなったようですね・・・

そうですか、・・・予期せぬ、電話が・・・、それも男性からばかり、10数年も時間を隔てていたご知人からですか
秋は、ホントに人間をおセンチにするのかも知れないなあ・・・
私も、10月初めの同窓会に誘う電話を、何十年ぶりに同級生の女の子にしたり、したが、懐かしさと、恋しさも、やはりありますよ。
・・・まあ、同じ知人、友人でも、同級生でも、自分の頭に刻まれている、楽しかった思い出が多い方を選んだり、断ったりするのは、誰でも、自然の成り行きだろう

話が尽きない懐かしい・・・友人との再会をお楽しみ下さい。

武人さんへ (茉那)
2016-10-31 13:03:10
先日の同窓会では久しぶりに心に秘めていた方とお会いになったのでしたね。

「そのうちに・・」なんて思っていてもなかなかそういう機会はありませんから。会える時に多少無理しても会っておくのがよいと思います。
よい機会をおもちになりました。記念のお写真でもまた一入懐かしさが増幅したのでしょう?
よかったですね。

コメントを投稿

日々思うこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。