あなた いったい どうして・・・・・・

旅先のホテルで夫が倒れた。
そして彼が逝って12年が過ぎた。
わたくしは・・

しめ縄リースと鏡餅を供えて

2016-12-28 11:07:18 | 日々思うこと

玄関ドアにしめ縄リースを飾り、各部屋にお鏡餅を供えた。

床の間にちょっと大きめの台付き、お仏壇や台所、居間、寝室、書斎、

予備の部屋などには小さいお鏡。

お供えしながら昨年の12月28日のことを思い出した。

モーニングに行った喫茶店で新聞を読んでいたら、突然常連さんに

声をかけられた。

「しめ縄っていつ飾るか知っている?」「今日でしょ。都合悪ければ30日」と

答えると「ええッ、知ってるんだ。さすが・・・。今この新聞に出ていてここに

いる誰も知らなかったのよ」と。こちらがええッと驚いた。

29日は「くもち」、31日は「一夜飾り」と避け、30日も「みそか」に

なるのでできれば28日とは常識だと思ってた。

決して若くはない人たちなのに、子供のころからの習慣なのだろうか。

わたくしが古い習慣に染まっているのだろう。

年齢差だけではなく、環境の違いもこういうところで気づかされる。

生きている間に人は知らず知らずいろんなことを学んでいる。

多様な人びとと交わっていろいろ教えてもらったのだ。

きっとこれからもまだ・・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「世界の中心で輝く日本」で... | トップ | よいお年を! »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しめ縄飾るのは・・・ (ひろ)
2016-12-28 13:33:28
はじめまして。みんなのブログから来ました。
しめ縄を飾る日が28日って初めて知りました。
70才も半ばになって・・・。
お姑さんから家の中を掃除などすべて終わって
お飾りは31日の夜飾るものと聞いていたので。
地方による違いなのか、それもまた面白いと思いました。
ひろさんへ (茉那)
2016-12-28 14:22:41
こちらこそ初めまして。

お正月飾りは地方によって異なることもあるでしょうけれど、「一夜飾り」を避けるのはかなり一般的なことのようです。

神様をお迎えするのにバタバタと慌ただしく前日にするのはよくないと言われてきました。
確かに「一夜飾り」で検索するとそう出てきますので広い地域で言い伝えられている習慣ではないでしょうか?

もしかして「がに煮」のことをお書きになっている方ですか?
「がに煮」という言葉は初耳です。
お役所も御用納めですね (やっほ)
2016-12-28 20:01:01
日本の年中行事は伝統を引き継ぐという意味でも良い事ですね。
意識しながら日々を送れば、それなりに季節を楽しむことができるでしょうね。

と言う私は、幼き頃の主な行事のうる覚えはあっても、親元離れれば関係無く生活してしまいました。
自分の感性でしか季節の移ろいを感じることが出来ませぬ(*´з`)

そういえば、ひと回り以上離れた私の姉が旧正月前になると嫁ぎ先から大きな鏡餅を頭に乗せて実家に持参していました。
あれって、親元へのお歳暮だったんですね。
そんな風習を聞いた事ありませんか?
やっほさん (茉那)
2016-12-28 20:44:29
年中行事をわりと律儀にするほうで夫がいつも呆れていました。

でも親もとへお餅を持っていく風習はありません。だってお餅だって買わなければないのですもの。自宅分だけで精いっぱいです。
親はなんでもくれる方でしたし。。。

それに旧正月は何もしません。いつなのかも意識しない・・・いい加減なんです。

コメントを投稿

日々思うこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。