あなた いったい どうして・・・・・・

旅先のホテルで夫が倒れた。
そして彼が逝って11年が過ぎた。

天然鮎料理コース

2017-07-13 23:05:10 | 日々思うこと

今夜は鮎料理。

2月に参加して以来の食事会。

天然鮎はまだ小さかったけれどおいしかった。

お刺し身から鮎雑炊まで鮎三昧を毎年この時期にいただいている。

わたくしは子持ちの鮎が好きではないのでこの時期が一番。

その小さな鮎の頭と尻尾と骨を残すので仲間に全部食べるんだよと毎年

言われているけれど、ちょっと苦手なのだ。

彼らは骨まですべて食べて何一つ残さない。これが若鮎の食べ方なんだそうだ。

お酒も少し飲んだ。久しぶり。熱燗がおいしかった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もの入りが続く | トップ | 聘珍楼の生ライチ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アユ (やっほ)
2017-07-14 10:46:52
川魚の刺身は さほど食べたいとは思いませんが、
アユ料理は格別に美味しいですね(^^♪

日本酒はあまりやりませんが、それでも鮎の骨酒は格別ですね。
五臓六腑に染み渡ります。

茉那さんはさかなの食べ方がお上手なんでしょうね。
食べ終わったあとのお皿には骨だけがキレイに並べられて・・・(笑)
骨まで全部 (みっく・じゃが)
2017-07-14 11:17:52
若鮎というんでしょうか、骨まで全部食べるといいますね。
私は川魚はあまり好きではないので、食べませんが
茉那さん、いいですねぇ。
お食事会があって好きな方たちとおいしいものを食べる機会がある・・・
素敵な時間です。うらやましいです。
私はそんな付き合いもないですし、夫とばかりの外食で、
飽きましたよ。
熱燗もこんな季節だからこそおいしいのでしょう。
それにしても、どんなものも食べられて、お酒もOKだということは
お体の調子がすっかり健康になられたということですね。
良かった!!
やっほさん (茉奈)
2017-07-14 14:07:19
今年は(まだ始まったばかりですが)鮎が不漁だそうで本当に小さな鮎でした。お刺し身もほんのちょっぴり。
塩焼きも田楽もとても小さな鮎1尾づつ。
頭と尻尾と骨を取りのぞくと食べるところはますます少なくなって、丸かじりする友人に笑われました。

わたくしはよほど暑い日をのぞいて熱燗が好きです。
「とりあえずビール」も乾杯用に一口だけ。
今回は「骨酒」にする骨がなかったようで普通の日本酒でした。
それでも料金はしっかり取られました。
みっく・じゃがさん (茉那)
2017-07-14 14:25:21
4か月休んで久しぶりの食事会でした。108回目なのですよ。よく続いています。

わたくしも鯉の洗いなどは生臭い気がしてあまり好きではないのですが、毎年1度この季節に天然アユ料理を頂くことになっています。
鮎料理の中では一番塩焼きが好きなのですけれど今回はお塩をできるだけ取り払いながら頂きました。(退院時減塩の注意を昏々と受けてきました)

わたくしはどちらかと言うと日本酒党で殊に熱燗。冷めたお酒は隣に回します。アルコールなら何でもという仲間が全部引き受けてくれます。
骨酒やひれ酒などわたくしが残すのを狙っていて「もらっていい?」などと手を出すのです。
気楽な仲間との月1の食事会です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。