あなた いったい どうして・・・・・・

旅先のホテルで夫が倒れた。
そして彼が逝って12年が過ぎた。
わたくしは・・

愚痴の聞き役

2016-09-18 15:23:26 | 日々思うこと

昨夜遅く「明日モーニングに行きませんか?」とご近所さんから

メールがあり、けさ隣の市の観光ホテルのレストランまで出かけた。

(このところ近所の喫茶店が9時開店でモーニングなしになったので

あまり行っていなかった)

ここは泊り客だけでなく一般の人にも評判がよく、雨なのに今朝も

テーブルはいっぱいだった。パンがとてもおいしい。

そこで彼女から愚痴を聞かされた。

今日娘夫婦がくるのだそうだ。娘だけならよいのだけれど婿まで同伴

してくるのが鬱陶しいらしい。ごくたまになら歓迎だけれどかなり

頻繁なことだという。我が家には娘がいないのでその鬱陶しさはあまり

理解できないけれどちょっと分かるような気もする。

気を使ってくたびれるのであろう。

そのうえ、実家の入院している父親を巡る弟の妻(義妹)との

確執。口を挟むことではないので聞き役だけ。*****

しばしば奥様への不満、性格の不一致などをはがきに書いてくる

川崎の友人がいる。無視する。

「そんなこと知るか!自分で解決しなよ!!他人に言うことか?」

と言うしかない。(言わないけれど)

各家庭にはいろいろあるだろうけれど、他人に話しても解決はしない。

しかし今朝の彼女は少しすっきりしたようだったので、聞きやくも

必要かと・・ちょっと思った。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お食事会(99回) | トップ | 敬老の日のお祝いが届く »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ホテル喫茶に鞍替え? (やっほ)
2016-09-18 18:33:28
そうです。聞いて相槌打ってあげるのがいいですね。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」の愚痴話。

「逆もまた真なり」で娘夫婦の場合でも、息子夫婦の場合でも
置き換えてみれば同じではないでしょうか。
”その気持ちはあなただけではないですよ”って
真面目に同調してあげるのが一番で~す。\(-o-)/

人の愚痴(不幸)は蜜の味って人もいるけど、それはいけませんですね!( ´з`)
やっほさんへ (茉那)
2016-09-18 21:25:57
息子夫婦が4年間のアメリカ生活から帰国して我が家に来たとき、わたくしは嫁に投げかけました。
「あなたはお客様じゃなくてうちの人だから、勝手に、自由に動いて。」
(留学が急に決まって、東京の寮から自宅へ送るもの、アメリカに送るものの整理で忙しく、簡単な式をしてそのまま旅立ちましたので正式に来たのは初めてだったのです)
最初のうちはそれでも遠慮がちでしたが今ではかなり任せています。
大切なことは息子より彼女の方が頼りになります。
この家は息子がアメリカにいるとき建てて引っ越してきたので息子にとっても初めての慣れない家でしたが。

実家の母は生前「Nさん(義妹)はいい人だけれどそれでもやはりみっちゃん(弟)の方が何でも気楽に話せる}とわたくしに言ったことがあります。
義妹も「おかあさんに良くしてもらったから私も息子の嫁に同じようにしなければ」と最近結婚した息子の妻のことを言っていました。

昔から難しい問題なのでしょうけれど
とにかく陰で悪口言わないことですね。そして遠慮しないことだと思っています。

よそのお宅の問題にはノータッチが一番。相手が話しても聞き流し。頼りない聞き手ですけれど、話すことで気持ちが晴れるのなら・・・くらいの感じで聞きました。


コメントを投稿

日々思うこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。