あなた いったい どうして・・・・・・

旅先のホテルで夫が倒れた。
そして彼が逝って11年が過ぎた。

妻が出ていって店じまい・・だって

2017-02-13 16:16:35 | 日々思うこと

先日実家で。

毎日のように家族間の殺傷事件のニュースを聞くけれど、離婚の話も

多いらしい。それも妻が子供を連れてぷいと出ていく例が増えているという。

他所のご夫婦の話などどうでもよいのだけれど、実家の町内でも最近

あって商売が成り立たなくなっているらしい。

よく行く天麩羅や、つくだ煮を作っているお店、カメラや・・・。

つくだ煮やとカメラやは店じまいした。

この天ぷら屋は気に入っているので潰れるのは困る!

事件を起こすより別れたほうがずっといいと思っているけれど。。

そこで弟が言った。

 〇〇(彼の妻)に「出ていく実家がなくなったからどうする?」って

 言ったら「お義姉さん(つまりわたくし)のところへ行く」と言って

いるよ。

わたくし「どうぞ、いらっしゃい。2人でおいしいもの作って食べよう」

彼女の実家は母親が亡くなって更地にした。弟2人は東京で働いている。

上は会社からアメリカの大学院に留学し博士課程を取って研究している。

下は官僚でまだ若くて例の接待事件のころ留学だったか大使館に派遣

されていたかで無関係だったけれど実家に帰ってきそうもない。

彼女の母親は最期弟夫婦がみた。

娘は頼りになる?我が家は息子1人。ない物ねだりしても無駄。

彼が考えることだ!と思っている。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「美の巨人たち」(紅白梅図... | トップ | 箱根小涌園もついに・・ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一人でお店継続は無理? (やっほ)
2017-02-13 19:30:28
馴染みのお店の店じまいは寂しいものですね。
お馴染みさんだけでは商売がやって行けないのでしょう。お気の毒ですね。。。

離婚理由はどんなものか計り知れませんが、一時的に茉那さんの所に身を寄せるというのは、
茉那さんのお人柄から察すれば許されることは分かります・・・・・けど、

ご当人さんは行く末のことをお考えなのでしょうかね。
そのへんがちょびっと心配しちゃいます |д゚)

老後のお話しね。
理想は身の回りのことが出来なくなった時点で、資金があれば施設に入居するのが息子さんの為にもベターな事です。

最低、月25万~ピンまで茉那さんなら大丈夫でしょう。
施設に入居の人は皆さん長生きされるそうです。(寿)
やっほさん (茉那)
2017-02-13 22:31:12
深読みですよ、やっほさん。
いや、浅読みかしら?
いえいえ、書き手が悪かったのですね。

わが家へやってくると言った義妹と弟は至って仲が良くて、我が家へ来ることなんかあり得ません。
まったくの冗談話です。
一緒に旅行していても「今ホテルに着いた」「これから温泉に入る」「これから飛行機に乗る」などと電話するのでわたくしは呆れているくらいなのです。
弟も家のことは彼女に頼りっきりでして、すぐに名前を読んで・・
我が家は仕事仲間と旅に出てもお互い何かあったときしか電話しない夫婦でしたからね(携帯のない時代で宿泊先だけは残して出ましたが)。

施設に入ると長生きするのですか?
困りましたね。
自由に活動できないのに長生きするのは苦痛ですねぇ。
あぁ、どうしよう?
やはり「なるようになる、なるようにしかならない」で気楽に過ごすのが一番みたい。
のんびり屋は得でしょう?

施設に入れば長生き? (占い師土手)
2017-02-14 12:39:17
「施設に入れば長生きできる」とは、大いなる誤解です。
生きる気力を失い、多くの人は、長くて3年と私は聞き及んでおります。統計の現実です。
まあ、「土手 占い師」の言うことですから、当たるも八卦、当たらぬも八卦ですがねえ~。
はやくお迎えを望むのは、天使?
それとも、長く生きてねと望むは、地獄の使い!
占い師土手さま (茉那)
2017-02-14 18:39:59
生きるも死ぬるも運次第。

「ケ・セラ・セラ なるようになる」が信条です。
「八卦」も当たったり外れたりですものね。

占い師さんの御言葉念頭に置いて過ごしていきます。
ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。