あなた いったい どうして・・・・・・

旅先のホテルで夫が倒れた。
そして彼が逝って11年が過ぎた。

入院用の荷物つくり

2017-04-04 21:35:04 | 日々思うこと

昨日は空き家にしている家の町費を払いに行ってきた。

道を隔てた前に住んでいる新屋に当たる夫のいとこのお宅に伺ってご挨拶。

この季節することが多い。掛け軸は初夏向きに変えたけれど衣類や寝具はまだ

衣替えとはいかないのでそのままにしていく。温室の観葉植物ももう枯れるのを

覚悟でそのままに。

*******

送りだす荷物は今日だいたい作り終えた。病院には14号と12号のクロネコの

箱2個。息子のところへは10号の箱1個。そしてホテルへ1個。計4個。

病院の部屋代が6人部屋は0円だけれど4人部屋で8千円ほど(1日当たり)。

個室の一番安い部屋で1日3万円ほど。1か月で食事代入れて100万円くらいか。

診療費は保険がきくけれど部屋代はすべて自分持ちだから大変だ。

夫の時もわたくしの民宿代もあったのでかなり大変だった。

6人部屋は嫌だけれど個室にするかどうか入ってみて考えることにする。

湯水のように部屋代で流れていく。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物見遊山ではないのだった | トップ | 大岡信さん「折々のうた」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もうそんな時期。。。 (やっほ)
2017-04-04 23:11:59
もうそのような準備期間に入りましたか。
観葉植物は残念ですね。
裏庭に植えておくとかは出来ないのですか。それもまた手間なことですね。

病人になりに行くのも大変な大荷物ですね。お相撲さんの巡業みたい(笑)
こんな時冗談など言って不謹慎ですね。
失礼しました。<(_ _)>

部屋代で100万使うのでしたら、退院してから豪華旅行した方が良いのでは。。。
4人部屋の方が話相手も出来て結構楽しめたり。。。

出発は何時ですか?約1か月間ですね。
調子良ければ近況など社会問題でも(笑)ブログ更新出来ますよね (^^
いよいよですね (corona404)
2017-04-05 07:34:57
入院手術もいよいよですね。手術の成功と全快を祈っています。

東京慈恵医大だったかな?大変な荷物量、入院期間の長さ、差額ベッド代金に驚いています。

当方いくつも大きな手術をやってきましたが、手提げ鞄2個くらいでした。下着などの洗濯も術後コイン洗濯機や乾燥機を使いました。

部屋代も個室は術後数日で大場屋に移り、差額ベッドは基本的に避け、ゼロ円で過ごしてきましたが・・。

やっほさんへ (茉那)
2017-04-05 10:03:59
9日に上京してホテルに入り10日に入院することになっています。

これでも病院への荷物を減らしたほうなのですけれどね。息子の家に送って、季節代わりに差し替えてもらうつもりなのです。自宅に誰もいないというのは不自由なものです。
 
部屋代だけで3万円はちょっとしたビジネスホテル並みですね。事前に宿泊するホテルでは朝食付きで2万円しません。(東京で病気になる人はお金持ちが多いのでしょうね)

最近の情勢では1か月入院している間に世の中変わってしまうかもしれません。まったく隔絶された世界でもないので「浦島太郎」にはならないとは思いますけれど。
また北朝鮮が弾道ミサイルを打ち上げたとか、サンクトペテルブルク、シリアなどきな臭いニュースがいっぱい。

今朝もモーニングに誘われて行ってきました。お昼もランチに出かけます。
地方の主婦たちは平和そのもの。
世界情勢に関心なし・・・いつまでも続くといいのですけれど。


corona404さんへ (茉那)
2017-04-05 10:16:42
ありがとうございます。
手術が無事に終わればまたあなたのブログを読ませていただけると思いますのでよろしくお願いいたします。

4人部屋から差額ベッド代を取られるなんて初めてです。手術までの4日間はとりあえずここに入ってみようと思っています。
手術後は一番安い個室に入ろうかなと考えています。それにしても東京は高いですね。

季節の変わり目の入院は荷物が多くなります。ただ病院がクロネコで受け取って病室まで運んでくれるので助かります。
いよいよですか (みっく・じゃが)
2017-04-05 20:37:13
手術の成功とご無事の退院をお祈りしています。
あれもこれも気にかかりだすときりがありません。
いつもおっしゃるように「えいやっ!」とやってしまおうではありませんか。
それにしても荷物の多いこと!
14号とか12号とか想像もつかないんですけど・・・
ご不自由なく過ごすには、それだけのものが必要なのですね。
手術が終わって落ち着いたら病室からブログを届けてください。
行ってきます (茉那)
2017-04-05 22:05:54
みっく・じゃがさん

ありがとうございます。
決断した以上、「えい!やっ!!」です。
「俎上の鯉」になるのですからお医者様任せですが日本の医学とお医者様の腕を信じて。。。

退院してきたころにはみっくさんの新しい「織り作品」がまたいくつか出来上がっていることでしょうね。
それを見せていただくのを楽しみにしています。

病院の近くの芝公園辺りは学生時代の懐かしい場所です。東京タワーを眺めながら思い出にも浸ってきます。
ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。