心の扉 神戸カウンセリング花時計

心理療法や催眠療法、ストレス解消や悩み等メンタルに関するもの、そして日常の出来事を自由気ままに掲載します。

京都 無鄰菴

2017年06月15日 | 名所めぐり

今回の京都庭園巡りの最後を締めくくるのが

山形有朋の別邸だった無鄰菴です。

 

南禅寺から歩いて数分の所にあるので

南禅寺に来られた人は、

見逃すことなく訪問するだけの価値ある場所だと思います。

 

グーグルマップで南禅寺の近くにも庭園を見つけたので

せっかくなので、抱き合わせ的に訪問したのですが、

これがまた期待以上の素晴らしい庭園でした。

お勧めです。




山形有朋 別邸跡 名勝 無鄰菴

入り口横に立つ石柱に名勝と刻まれていたのを見て

「ん?」と言う感じを持ちましたが、

この時には、期待や楽しみはありませんでした。


受付を済まして、受付横の小口から入ると

次のような景色が、いきなりドーン。

「これはあかん。なんぼなんでも、あかんやろ。」


この時、私が感じたこの感じは、

友人が家を買ったから遊びに来てと誘われたので訪れたら

これだった時の衝撃!


「ペットの可愛い猫を紹介するね。」と言われて

出てきたのが虎だった時のような衝撃!


パネルの写真から素晴らしく可愛い子を指名して待っていたら

70歳くらいの女性が現れた時のような衝撃!

これは逆か。


明治政府の中心人物であったとはいえ

下級武士出身なので資産家ではなかったはずで。。。

もしかしたら資産家だったのかあ。。。

今の時代だったら

議員報酬だけでこれだけの資産を残せないでしょう。

いや、余計なことに出費しなければ、いけるか。

等と、頭の中で考えがグルグル。



母屋



庭園から母屋を見る





山縣の言葉が綴られた石碑


散策路と苔





茶室



三段の滝




茶室



茶室内部



洋館



洋館2階

 

「無鄰菴会議」が行われた部屋


この部屋で、明治36年4月21日、

元老 山形有朋  立憲政友会総裁 伊藤博文

総理大臣 桂太郎  外務大臣 小村寿太郎

の4人によって日露戦争直前の日本の外交方針を決める

「無鄰菴会議」が開かれています。


<!-- 坂の上の雲 -->


母屋


母屋 坪庭



母屋から見る庭園

近くにそこそこな道路もあり車も通っているはずなのに

無鄰菴は、どうしてか静かです。

そして、川を流れる優しい水音だけが聞こえてきます。

もしかして、この芝生と苔の組み合わせは最強かも。


これに廻廊があったら

庭園のサイズ、デザイン、私の理想の住居としての完成形ですねこれは。


贅沢を言わせてもらえば、

ドーベルマンを5,6匹と、核シェルター、

いくつかの地対空ミサイルと、10式戦車3台、

AH-64D アパッチ・ロングボウ完璧です。


ディズニーは、

ディズニーの世界に完全に入り込んでもらうために

園内にいる人に園外の景色が見えないように

設計されていると言われています。


今日、訪れた南禅寺の庭園、金地院の鶴亀の庭もそう。

南禅寺も南禅寺の方丈庭園もそう。天授庵もそう。

ここ無鄰菴もそうで、

外部の建物が庭園の景色に入ってきません。


外部の建物が入り込むと庭園の魅力が半減するように思います。

京都府は昔からいろいろな規制を設けて

ディズニーと同じことをやってくれているんだなと

非常に有り難く嬉しく思うのです。



催眠療法&心理療法 神戸ストレスカウンセリング・ルーム花時計

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南禅寺 天授庵 | トップ | 26連勝 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-19 10:23:10
心穏やかに

京の初夏
Unknownさんへ (神戸花時計)
2017-06-22 07:24:50
ここ素晴らしい庭園だと思います。お勧めです。とはいえ、京都はお勧めの場所が多すぎますが。。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名所めぐり」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。