ビワキュー関内指導所

ビワ温圧療法師養成講座

  ビワキュー施術


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビワ療法の歴史

2016-11-20 | ビワ療法って?

ビワの葉を使った療法は、今から1500年ほど前に中国の僧医によって日本に伝えられました。

 当時、病に苦しむ人々の為に光明皇后が天平二年(730年)に「施薬院」(現在の病院の原型)を創設され、救済のためにビワ葉療法が用いられました。

また、施薬院でのビワ療法と前後して全国のお寺にもビワ療法が広まり、僧侶が寺の境内にビワの木を植えて村人にビワ葉療法を行い、

その効果に絶大な信頼がよせられました。

この時代のビワ葉療法は、ビワの葉を患部に当てるという方法でした。

この方法を広く知らしめたのが静岡県の禅寺「金地院」で行われた「金地院療法」です。これはビワの葉に経文を書いて火にあぶり、それを皮膚にのせるというものでした。
その後、ビワの葉をあてた上からもぐさをするという方法が生まれ、これが後に

「ビワ葉温圧療法」として広まっていったのです。

 

保存

『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知られざるビワのパワー | トップ | 現在のビワ療法 »
最近の画像もっと見る

ビワ療法って?」カテゴリの最新記事