ハムぞーの「職業野球研究所」
~プロ野球がある風景を楽しむ。そんな話をぼちぼちと~
 



前回からお読みください。
こちらからどーぞ。

キンコンキンコン!!
ナイター速報、他球場の途中経過です。
パリーグは、全てナイトゲーム。

本日の試合は
請求書ドーム、請求書vs軟体銀行 
千葉チョコレートスタジアム、ゴディバvsゲソ天
大阪イボコロリドーム グリコvs丸大ハム の3試合です。

 


「さて次もチームでご応募です。
エントリーナンバー7 おりがみっこ した娘 選手
          8 おりがみ       選手
          9 おりがみっこ うえ娘 選手
         10 おりがみおっと    選手

これまたご一家でエントリー。まさに家族対抗歌合戦。
審査委員長に近江敏郎先生に来ていただかねば、と思いましたが、気を取り直して・・

まずエントリーナンバー7番、した娘選手から

 「寄席のチラシ」に描くことで、セピア色っぽくなり、旧ユニのファイティーにぴったりです。
 街角で出会うと「クワッ、クワッ」と鳴き始めそうです。
 ガッチャマンを思い起こさせる頭の形が、何とも言えません。

カ「絵、うまいなぁ!でもこのファイティーくん、完全に素の状態ですよね。妙にリアルです。
 ファイティーは比較的お絵かきが簡単なマスコットだと思いますが、よく描けていますよ。
 素晴らしい。」

ハ「素のマスコット、というのも基本的にあるのかどうか。
  またその一瞬を捉えていると解釈しましょう」

そしてキャプテン8番、おりがみ選手

  おお、リアルなレオ君ですね。
  試合が終わってから、ライナと茶を呑みに行くところでしょうか。
  まさか狭山茶ということはあるまい?と思われます。
  こうして歩いているのを街角で見かければ、写真を撮りT前オーナーにご注進しようかなと妙な行動をとりそうな自分が怖い。
   すると「よくやった」とか言って、オープンしたての新Pホテルタワーで中華の美味いモンでもご馳走してくれないかなと、妄想が始まります。」

カ「(↑なにを言ってるんだろうか、この人は…)
  これも素晴らしい作品です。
  記憶だけでこれだけ描けるっていうのは、もともとの絵の力がしっかりしているということです。
  恋愛ドラマのワンシーンのようですね。
このシーンの後、二人がめでたく結婚。
   しかし嫁姑問題にレオ君の不倫やら堤前オーナーの相続問題やらがからんで
ドロドロのドラマ展開になることを希望します。 」

ハ「しっかり私が伏せ字にしているところを実名にしているじゃありませんか。
  そのうえ、みのもんたに電話しそうなストーリー希望ですし
  まあいいんですけど・・。」

そして9番 うえ娘選手です。

うーん、すごい。ホッシーってこんな顔でした?
街角で見かけるならコンビニの前にたむろしているか?
いやそこから足を洗ったようにも見える、まさに力強い顔。」

カ「親しみ感ゼロのホッシーくんです。
 おりがみ選手が書いた記事本文中に指摘がありますが、
見事なぐらい佐伯です。
  この右手の人差し指がなにを表しているのか?なんか怖くて聞けない…。
  画力は間違いなく高いッス。今回は技におぼれたということで… 」

ハ「孤高のマスコット、というのも本来ありえないのですが、
  それをやってしまうのがこの「お絵かき甲子園」。
  さすが各都道府県大会を勝ち残っただけのことはあります。

カ「そんなもの、ありましたっけ」

ハ「いやちょっと、言ってみたかっただけで・・」

さいご、トリは10番 おりがみおっと 選手

うーん、すごい。
うえ娘選手のと比べてみると、おんなじマスコットを描いているとはとても思えない。
街角で会うと、もちろん全力で走って逃げそうです。
なんで歯が出ているのでしょうか?まゆげがメチャ、ゲジゲジですし。
そうか、彼は相手チームのダグアウトに入って、気力を抜き取る役目だ!」

カ「素晴らしすぎる作品です。
 『工業電気科卒、理系』というご立派な経歴にこの絵をプラスしたとたん、
人生全体としては“ちょっとマイナス”になりかねない破壊力を秘めています。
  ただ、うえ娘選手のホッシーと、おっと選手のホッシーなら、
断然こっちが人気者になるでしょう。親しみやすさは抜群です。
新聞配達とかしてそうですもの。 」

ハ「朝は新聞をくばり、夜は球場でファンサービス。
すごく庶民的なマスコットですね。
  昼間は新聞の集金でしょうか」

カ「うーん…たぶん幼い弟や妹の面倒をみながら、大検に受かるための勉強をしていると思います。」

ハ「苦労してそうなマスコットですね。」

エントリーナンバー11 カンノ選手

  つば九郎ですね。本人コメントは「やさぐれたつば九郎」。
  バットを持って立っています。
  ほっぺたは赤いけど、可愛いところからはかなり遠いところに行ってしまってます。
  街角で出会ったら、路地に連れて行かれカツアゲされそうな。

こういう妄想も・・
  たとえば、「横浜vsヤクルト」だと、
  10 おっと選手のホッシー vs 11 カンノ選手のつば九郎
  バット振り回し威嚇攻撃に対し、気力抜き取りビーム。
  結末が見えません!」

カ「このつば九郎は…第二次反抗期のあたりでしょうか?
  確実に学校か家庭環境に不満がありますね。このバットも、おそらくは凶器としての金属バットです。
  あんまり近づきたくはないなぁ…。目のつり上がり方が全ての原因ですね。惜しい! 」

ハ「近づきたくないマスコットというのもどうでしょうか。
  ラミちゃんとの「アイーン」もしてくれないでしょうし。」

エントリーナンバー12 なみ 選手




 これはマー君です。一瞬アヒルかと思いました。
 もっとも球場のマー君を「アヒルをモデルにした」と思っている方が多数あるそうなので、なんともいえません。
 なぜか水かきもありますし。
 で構成的には、チアリーダーを配し、盛り上げ体勢も充分。
 残念ながら評価対象外ですが、チアリーダーの絵のタッチ結構いけてません?」

カ「マスコットにしては、頭が小さいというのがありますね。
  特にマー君はマスコットの中では顔が大きい部類に入ると思いますから。
  実物を無視して三頭身ぐらいで描くと、かわいさがでますよ。
  ていうか、チアリーダーの肉感に目が釘付けになってしまいました。なんか…そそるなぁ。」

ハ「やはりカントクもそこに目をつけましたね。」

エントリーナンバー13 でぃあ 選手

ファイティーです。所長のファイティー贔屓を知ってか結構エントリー多いですね。
「画像を見てしまった」とありますが、所長のイラストを見たのなら余計混乱するだけでは?
目に力がありいいですが、くちばしが万年筆のようです。
街角で会うと、そのくちばしで突っつかれそうです。
手相があるので、占ってあげたいですね。」

カ「あ、ほんとだ。万年筆だ(笑)。
 でも、かなり上手くファイティーの特徴をとらえているんじゃないでしょうかね?
 あ、ちなみにキャラクター全般を描くコツとして、手を大きめに描くというのがあります。
 あと、手袋の付け根の部分をちゃんと描くというのもポイントです。
 『ミッキーマウス』を思い浮かべるとわかりやすい。
 でぃあ選手のファイティーは、ちゃんと手袋の付け根のふくらみが描かれてあるので、いい感じです。」

ハ「カントクのワンポイント技術レッスンで、更なる画力の向上を。
 いやー、いい番組です。」

カ「ありがとうございます。
  来週はドライバーショットの飛距離を伸ばす方法です。お楽しみに。」

ハ「何の番組かわからない・・・。」

エントリーナンバー14 ichiken 選手

 まずジャビット。これは変な覆面レスラーにしか見えない。
 すでにマスコットではないと力説したくなりました。
 街角であうと、即座に警察に通報しそうです。
 こっそり見える人間の目が何とも・・。カントクいかがですか?」

カ「そもそもイチケン選手はジャピット君を見たことがあるのでしょうか?
 どこから突っ込めばいいのかわかりません。
 とりあえずジャビット君というよりは、ジャンパイアですね。
 このマスクをかぶった友寄球審には要注意。」

ハ「それなら「ええで」のウエさんや、ボビーの猛抗議で対抗する
  必要がありますね。」


 それとスライリーですか、これは。ムムム。
 街角であうと、吸い込まれそのまま家に帰れなくなりそうです。
 で、なぜか白の丸首Tシャツで決めています。
 新庄がCMを勤めるグ○ゼの製品でしょうか?気になります。」

カ「なんなのでしょうか?とりあえず中途半端に毛があると卑猥な印象が…。
  昔、宇宙船サジタリウス号というアニメがあって、
その乗組員の中にこんな奴が混じってたような記憶があります。
  ていうか、ichiken選手は本文がいちいちオモロイのでとりあえず警告処分とします。」

ハ「イエローカードですか。
予定にはなかったのですが一応差し上げましょう」

エントリーナンバー15 やなっち選手

  こちらもスライリーですね。色使いにホッとしました。なぜかは申しますまい。
  街角で会ったらその日一日楽しくなりそうですね。
  頭のとがったところはどうしているのでしょうか?まさかジェルで固めているのではないでしょうね?
ドカベンの雲竜くんのヘアスタイルでもそう思いましたが。
   バチバチ似てるというのではないのですが、すぐにわかるところがウリ。

カ「残念ながら立体の描き方としては間違っていますが、スライリーだということはちゃんと伝わります。
  スライリーをグランド整備用のローラーでぺっちゃんこにすると、
たぶんやなっち選手の作品そっくりになると思います。」


エントリーナンバー16 青葉和 選手

さすがに高いレベルです。
しかし突っ込みどころもすくないのが、この企画的には少々不満な点も選手は理解済。


まずホッシー。
本当にそのものです。後ろから描くところも心憎い。
街角で会ったら顔を見に前に回りますね。

カ「これは素晴らしい。このイラスト、簡単そうに見えて実はレベルが高い。
 皆さん考えてもみてくださいよ。
ホッシーの場合、正面から想像で描くよりも、後ろから想像で描く方が実は難易度が高い。
 どこからどういう風に首が出てるのかとか、微妙に謎ですもの。」

ハ「さすが、首の付け根までは気がつきません」


そしてマー君。
少し年配にお見受けしますが、マー君ですね。持ってるユニが25番に見えるのが残念。
街角で会うと、矢鱈と励まされそうです。

カ「かわいいなぁ。すっげーかわいいマー君です。
確かにあんまり突っ込むところがないです。
 このまま週刊ベースボールの読者イラストのコーナーに掲載されていても 誰も文句言いません。上手です。」


最後はBB
元気さが伝わってきます。街角で会っても球場のBBと同じように接せそう。
「突っ込めるものなら」ということなので、鼻の穴に指をつっこむかもしれません。

カ「じゃあ、所長は右鼻をお願いします。僕は左をいっときます。」

ハ「それはともかく。全体に高いレベルを感じ突っ込みに困ってしまう放送席でした」


3階の裏を終了、16名の選手に打席が回りました。
どんどん突っ込んでいきますので、次回をお楽しみに。

コメント ( 14 ) | Trackback ( 1 )



« こんどこそ、... 花火ナイト・... »
 
コメント
 
 
 
こんちわ^^ (やなっち)
2005-08-03 09:54:07
イラストの講評有難うございます





絵の事を言われたのは中学生の時の美術の授業以来やぁ~

今回のお絵かき甲子園、皆さんの絵を見てると味があっていいなぁと感心しております



>スライリーをグランド整備用のローラーでぺっちゃんこにすると…

思わず想像してしまいました(ほわぁ~ん)



あと、そのコメントで想像してしまったのが、阪神百貨店の地下にある関西粉もん料理のいか焼きを焼く機械

(何か記事をぺっちゃんこにするやつ)



注)いか焼きは烏賊の丸焼きではございません

 
 
 
講評ありがとうございます~ (青葉和)
2005-08-03 11:21:57
やっぱり扱いにくかったですか。

自分でも扱えといわれて困る絵は描くもんじゃないですね(苦)

オチが笑いました。



他の方たちのレベルの高さに、今更もう一度うなってます……
 
 
 
 (ichiken)
2005-08-03 11:35:26
どれどれ、ワシの絵が絶賛されてる会場はここかいの?



ん?なんじゃこりゃ、警告処分って!



うーん…。時代がまだ追いついて来て無い様やな…。
 
 
 
ありがとうございました (おりがみ)
2005-08-03 12:39:18
家族そろって歌合戦に出演、おりがみの小さいころの夢でした。審査結果の発表の際、動物のカードがトーナメント表をのぼっていき、ファンファーレとともに負けチームのカードがストンっと落ちていく物悲しさが好きでした。あ、お若い人には「前田のクラッカー」ですね。脱線スイマセン。



おっとへのコメントですがホント苦労してる人なものですからジーンとしちゃいました。



 
 
 
ありがとうございます (でぃあ)
2005-08-03 12:59:34
 皆さんこんにちは。

 絵の講評をしていただいたのは、

高校の美術の時間以来です。(^^ゞ



>くちばしが万年筆…



 …確かに(-_-;)



>手相がある



 …自分の手相(右手)も「て」の文字になっているんです。



 これからも、よりいっそう精進いたします。

…それにしても…みなさん、いい味だしてらっしゃる…。
 
 
 
暑いですね。 (カンノ)
2005-08-03 15:55:34
何度も書いてこれが一番マシだったんですが・・・そうか!目のつり上がりが根本的原因だったわけですね



自分でも見てびっくりでした、こんなに攻撃的とは思いませなんだ。あ~こわい。
 
 
 
ありがとうございました。 (なみ)
2005-08-03 22:15:33
こんなツッコミどころのない絵にご講評いただき、

お手数をかけました。すんませんです。



最近は「カモメ」と聞くと、頭にマーくんしか思い浮かびません。

ちっちゃい子とかに「カモメって、どんな鳥さんなの?」

などと聞かれたらどうしましょう。



描いてるうちに、やけに細長くなってしまいました。

三頭身ですか。もう一度、こっそりとチャレンジしようかな。

チアリーダー、そ、そそりますか?

少なくとも、この旧‘スズメ’バージョンではそそられないかと・・。
 
 
 
やなっち さん 江 (ハムぞー所長)
2005-08-04 06:36:59
さあ、3回裏出場選手のインタビューが入ってきましたね・・。

打撃フォームもいろいろあり、興味は尽きません。



>グラウンドの整地用

阪神のいかやきですね。大阪ドーム観戦の所長のお供です。

念のため、こんなんです。

http://ameblo.jp/hassy/entry-10002621574.html
 
 
 
青葉和 さん 江 (ハムぞー所長)
2005-08-04 06:47:19
そう、そこなんですね。

間違いなくお上手です。



この企画は、昔ナンシー関さんがやっていたもので(タイトル失念)、「クモ(スパイダー)」を見ずに書きなさい、とかお題があるわけで。それが元になっています。

で、お題について読者が描くのですが、足の数がムチャクチャとか、ありえないところから手が出ているとか、笑えます。

(思い出しました、通販生活に載っていた!)



そこが狙いだったわけで。

しかし画力もさることながら、観察眼も鋭いということも証明されたので、是非日常生活にも生かされることを希望します。



ちなみに

6日土曜日は連れが出来まして、「フィールドシートに行こう」ということになりました。
 
 
 
ichiken さん 江 (ハムぞー所長)
2005-08-04 06:51:40
時代の半歩先行く人がスターになるというそうですが、ichiken選手は、時代の3歩先ですね。



追いつくまで、今しばらくお待ちください・・。
 
 
 
おりがみ さん 江 (ハムぞー所長)
2005-08-04 06:59:09
>歌合戦

我々は芸能人家族が出る、欽ちゃん司会のヤツをイメージしていましたが、

おっしゃるヤツはお昼にやっていたてんやわんやさん司会の番組ですね。勿論覚えています。



おっしゃるあの発表の仕掛けが今に思えばセコイものなのですが、これも妙に記憶にある(今なら電気仕掛けでしょうね)。

高木東六の変な俳句や、最初は笠置シズ子が「どこのおばちゃんや」と思ってました(最近では南野法相に近いか)。



所長もしばしノスタルジーに。



おっと選手のホッシー君は、そういうご苦労がかいま見えたのかもしれません。

でもへこたれなさそうにも見えます。
 
 
 
でぃあ さん 江 (ハムぞー所長)
2005-08-04 07:04:26
いやいや、私に「手相を描く」という発想がなかったので新鮮でした。



>「て」の字

ということは、大阪駅から内回り環状線に乗った時の(大阪D行き)東海道本線との関係ですね(って判らないよこれじゃ?)
 
 
 
カンノ さん 江 (ハムぞー所長)
2005-08-04 07:10:27
やはり顔と言うのは目がポイントなんですね。改めてそう思いました。



こんな宣伝コピーがありました。

「お人形は、目がいのち」

ひな人形でしたけど、まさしくそうですね。
 
 
 
なみ さん 江 (ハムぞー所長)
2005-08-04 07:19:57
いやいや、現物の頭はも少し大きいですもんね。絵はキチンとかけていますが。

そこがポイントですね。



>お姉さん

妙にリアリティあるところが、ツボにきました。

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「お絵かき甲子園」参加してみました…その後【講評編】 (★Field Stars★)
※参照記事 7/6・当ブログ記事:「お絵かき甲子園」参加してみましたより ※おさらい ハムぞー所長さんブログ・ハムぞーの「職業野球研究所」主催 「お絵かき甲子園」~あなたの記憶と技術?に挑戦!~の概要 お題:プロ野球マスコット ルール:「実物や写真を全く見ず