ハムぞーの「職業野球研究所」
~プロ野球がある風景を楽しむ。そんな話をぼちぼちと~
 



さあはじまりました
「お絵かき甲子園」
貴方の記憶と技術に挑戦~!

ここからはマイクロフォンサイド、
実況は私、カントクに「フランクフルト大佐」と呼ばれた今大会実行委員長「ハムゾー」が、
聞き手に、今大会顧問のカネシゲ監督をお招きしてお送りしたいと思います。

それではカネシゲ監督、いや今日からは画伯とお呼びするのがいいのでしょうか、
それとも「顧問」とお呼びするのがいいのでしょうか?」

カ「いや、なんでもイイッスよ。じゃ、ここはひとつ『野球ブログ界のお絵かき番長』ってことで」

ハ「ハハ、それではそれで呼ばせていただきましょう?長いので途中で元に戻りそうですが・・。
 今回は大挙34選手がエントリー、まさに夏の甲子園並みの激しい予選となっています。
このことについてどのようなご感想を?」

カ「皆さんやっぱり楽しいことが大好きなんだなって嬉しくなりますね。
  イラストが不得意な方の方が有利・または『ネタ的においしい』という、
  逆説の嵐吹き荒れる素晴らしい大会になりました。」

ハ「なるほど、ブログでの甲子園大会運営を経験したカントクならではのコメントですね。
 私もこのまま収拾がつくのか心配だったんですが、無事に開催にこぎつけました。
 では早速始めてまいりましょう。

 まず口火を切っていただくのは、ふぇるなんですさんご一家です。
 「家族対抗歌合戦」のようですね。

カ「それって古くないですか?三十路前の僕世代でギリギリですよ。
  ところで、ジェリー藤尾さんはどこですか?」
ハ「とりあえずでも乗っていただいてありがとうございます。」

カ「若い世代の読者を完全に無視してみました。」

ハ「しかし強力なメンバーですね。一家の団結を見るようです。」
 
エントリーナンバー1 子りさ 選手

 トラッキーですね。
 のびのびとかかれておりいきなり街角で出会っても好感の持てるトラッキーです。
 もともと子りさ選手、ブログ上でガッツ小笠原選手の作品で実力は発揮していたのですが、
 ご両親の実力を素直に引いているようです。
 ただチームリーダーりさ選手の申告どおり、
 千葉県浦安地方ではほかの評価を受けそうな雰囲気も持ち合わせていますね。」

カ「小6でしょ?これだけ描けたらたいしたものですよ。
  ディズニーランドのパレードに出てたとしても、客は『こんなんおったっけ?』と思いつつ
  笑って手を振ってくれそうです。ちゃんとトラッキーのかわいらしさが出てますよね。
  顔の絵というのは下半分をふっくらさせると『子どもっぽさ』いわゆる親しみやすいキャラクター性が出るのですが、ちゃんとそれを理解されています。」

ハ「いやいやまだ小学6年生、
  干せ&りさ砲を追い越す大物になる雰囲気は充分持ち合わせています。」

エントリーナンバー2 干せ 選手
  
  これまたトラッキーですね。
りさ選手が書かれているように「高圧的な」トラッキーです。
  内部告発によると「見て描いていた」とのことで本来は失格ですが、折角なのでいらいましょう。
 
 なぜか不用意に下ブクレな顔が気になります。
 野球帽のきこなしが「商店街によくいるおっちゃん」のようです。
 荷台のガッシリした自転車に短いタバコをくわえて配達に行きそうです。
 街角で出会うと「ボク、宿題やっとかなアカンやろお」となぜか説教されそうですね。」

カ「最初キャラが左向きのイラストだったので、干せ選手はサウスポーなのかなぁなどとマジメなコメントを考えたのですが… 
  いや、見て描いた時点でドーピングによる失格でしょう。
ちなみに右利きの人が描きやすいのは基本的に右向きの顔です。
赤塚不二夫のまんが入門に書いてありました。」

ハ「たしかに私の絵もそう描いていますね。左向きは描きにくいです。
赤塚先生も子供向きのお仕事をされているんですね。勉強になりました。」

エントリーナンバー3 りさ選手

 さすがにリーダーです。トラらしさは一番です。
 街角で出会っても子供たちが寄ってきそうな、でも二枚目っぽく立ち去りそうな気もします。
 なぜか「タイガー魔法瓶」と「別寅かまぼこ」を思い出しました。
 さすがに絵のレベルは高いですね、このご一家」

カ「高い高い。素晴らしいサラブレッドの血統です。
 でも、確かに別寅のキャラクターに近いですね。
 ほら。
 (←別寅のサイト。ドドンという音とともに寅入りの刻印がでてきます)
 結論から言いますと、6:4の割合で『別寅』です。“別の寅”とは、よく言ったものです」

ハ「かまぼこだけに、板に付いた解説ですね。顧問」
カ「え?
ハ「いやどうしても言いたかったので・・」

エントリーナンバー4 干せJr選手

 リーダー曰く「チームの最終兵器」、まさにリーザルウェポンかもしれません。
街角であうと、とりあえず電信柱に隠れ
 「凶暴かはたまた子供の味方か」確認してから行動することに決意しそうです。
耳が土星を思い出させてくれました。
しばし宇宙へ想いを馳せてしまう、まさしく「悠久の猛虎」かもしれません。
 この暴れっぷりが強豪相手にどこまで通用するか見ものですね。」

カ「見た瞬間に爆笑してごめんなさい。
  たぶんね、大阪プロレスのレスラーを全部足して割ったらこんな感じになると思います。
 ある意味ご家族の中で最も関西度の高いトラッキーかもしれない。
 『ドラえもん』がちょっと混ざってますけど…。
 いや、我々はこのような選手を待っていたわけです!
 夢と感動をありがとーーー!立派なオトナになれよーーー!!宿題やれよーーー!!」

ハ「顧問は感激のあまり、ウルウル状態であります。
いやこれまた(子りさ選手と全く違う意味で)末恐ろしい選手です。」

エントリーナンバー5 wind-beat選手




 オリ近の2キャラをカラーで製作。切り絵チックにみえてこれもまた楽しく仕上がってます。
 街角で出会っても、「一緒に踊ろ」と言われそうな二人。
 すごく人間ぽくって、絵のタッチとは違う生々しさも少しあるような気も。
 リプシーの髪型は後ろでくくってます、そこは惜しい。
 顔が同じなのは・・・マスコットだからいいんでしょうね?」

カ「ていうか、所長は街角で出会うことばっかり考えてますね。
  そんなの、実物のネッピーにすら会う可能性がないのに、
 ましてやこんなの…あ、ごめんなさい。
 ていうか、wind-beat選手の作品はかなり良く出来てるんじゃないですか?
 タッチパッドではなく紙の上だったら、かなりのネッピー&リプシーが描ける方だと思います。
 しかし、なぜ彼がネッピーにだけ帽子を描かなかったのかが最大の謎です。
 一方に帽子を描いた時点でなんとなく気づきそうなものですが…。オトナなら。」

ハ「技術論は顧問にお任せしていますので、
  私は「実際に会うとどうか」という観点で持論を展開しようかと・・」

エントリーナンバー6 naruko 選手






 まず「カラスコ研究ブログ」とも言われているだけあって勿論「カラスコ」で勝負。
 なるほど街角で出会っても、指で突っついておちょくりたい気がします。
 さすが毎日18時間もカラスコの研究に勤しんでおられるだけのことはあります。

カ「いや、たぶんカラスコの中の人ですら18時間も考えていないと思いますけど…。
さてさて。naruko選手のカラスコの特徴はズバリ『1点リアル主義』。 
  マスクの後ろのひもの部分がやたらと自信マンマンです。
  昔図工の時間にもいたでしょ?
 花を描かせたら葉の葉脈だけはやたらとしっかり描写するような人が。
 それと同じ。
 おそらくご本人にとって、そこが1番印象に残っているのでしょう。
 マスクを固定するためのヒモは、マスクマンにとっては命綱ですからね。
 見てる方としては気になってしょうがない。わかります。

  で、このカラスコを見た僕が気になってしゃーないのが楽天のマーク。
  『毛』に似ているというよりも、『毛』そのものです。」

ハ「覆面に着目されましたね。
  パリーグ球団は「マスコット覆面はぎマッチ」など企画するなど、
  プロレス的展開に応用でき、人気取りに使えそうですね。
 しかしカラスコ以外のマスコットが負けたとき、どうするのでしょうか?
 今後の課題です。」

カ「よいこのみんな!心配しなくても、そんなのないですからねー。
 所長!子どもが泣きますよ。」

ハ「(スルーして)



おーっと(古館調で)、もうひとつの作品「BB」がいました。
どうしたことでしょうか、「中途半端な化粧をして出てきたオカマコントの人」のようです。
しかし、しっかりと目の中に星の部分があります。
街角で出会うと「あーら、いらっしゃい」と
リリアン(関西ではおなじみ野太い声のオカマさん)ばりの声で誘われそうですね。」

カ「うーん…異論なし。オカマコントか、あるいは『改心した泥棒』ですね。
あとジャイアンがのび太に『心の友よー!』と叫ぶときはこんな目をしています。
いずれにせよ、完全にB☆Bではありません。でもこれ、笑ったなぁ。」


こちら「お絵かき甲子園」
一回の裏の攻撃が終了しました。
続きをお楽しみにお待ちください・・・。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 2 )



« 8月の観戦予... こんどこそ、... »
 
コメント
 
 
 
ご苦労様です。 (りさ・ふぇるなんです)
2005-08-01 09:15:42
>ハムぞー所長



一つ一つに丁寧かつ厳しい突っ込み、さぞ時間がかかったとおもいます。

反則の干せ作品まで取り上げていただいてありがとうございます。



>立派なオトナになれよーーー!!宿題やれよーーー!!



監督、もっと言ってやってください(涙)

中2にもなって全く・・・・(--;)



 
 
 
まってました (wind-beat)
2005-08-01 11:53:32
講評へのコメンツ返しなどをとらっくばーっく!してみましたので、よろしければどうぞ。



実際問題、ネピ夫が帽子取ったらどんなんなってるのかすごい興味出てきました。覆面の代わりに帽子取りをかけてデスマッチしてほしいです。

 
 
 
まだ1回の裏なんや・・・ (めたか)
2005-08-01 22:20:07
先は長いですね。

自分のはいつ、出てくるのか

って考えると眠れない日々が続きそうです(嘘)

ドキドキしながら待っています。
 
 
 
りさふぇるなんです さん 江 (ハムぞー所長)
2005-08-02 06:32:39
>突っ込み

物議をかもしだしていきそうですが、その点はエントリーの時点であきらめていただくとして・・。



>宿題

我々の頃はドリフのカトちゃんが「歯磨いたか~」「宿題しろよ」と呼びかけてくれましたからね。
 
 
 
wind-beat さん 江 (ハムぞー所長)
2005-08-02 06:35:58
>ネピ夫の帽子

そちらのコメントにも書かせてもらいましたが、ネピ夫の「帽子なし」の写真があったと記憶しています。



たしか昨年の花火デーで撮影。

浴衣を着ているので帽子はかぶってなかったようです。

たしか「ハマの番長」みたいなヘアスタイルだったかと。



ネピ子は後ろで束ねられない長さの髪の毛が前に一筋あったような(人形姫を想像されたし)。



時間があるとき、ちょっと捜しておきます。
 
 
 
めたか さん 江 (ハムぞー所長)
2005-08-02 06:37:53
えーお待たせいたしております。



めたか選手は最終回まではいきませんが、その前の攻撃くらいで登場。



寝苦しいこのごろですが、夜はよくお休みいただいてお待ちください。
 
 
 
こちらも記事書きました (naruko)
2005-08-02 12:55:21
すいません、「オカマコント」がどういうイメージなのかよく分からず、リリアンさまも記憶にないので調べさせていただきました。



でも一応熊なんですよ、熊…(号泣

(オカマコントクマ??)
 
 
 
naruko さん 江 (ハムぞー所長)
2005-08-03 05:25:56
所長のツッコミで早速犠牲者を出してしまいました。



クマと言うのは承知なのですが

何と言うか、口のところが・・・・コントに出てくるオカマさん、いわゆるいかついおじさんがオカマみたく出てくる、あれなんです・・・。



そう思ったらもう止まらない・・・。



これからもどんどん突っ込みますのでお許しを??
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ワクワク!ドキドキ!といえば回れルーレット。月曜日。 (日々思ふ@げってぃんぐすたーと)
[baseball][orix]講評でますた待ちに待ったハム研ゼミナール・8月特別編「お絵かき甲子園」講評・1回の裏が出ました。序盤突入だった為、早くも評価いただいてます。 以下、わしの参加作品。 見返すのに勇気がいりました まとまった講評は上記リンクで読んでいただくと
 
 
 
「お絵かき甲子園」ついに運命の時が来た! (夢で逢いましょう)
画才ゼロのnarukoが無謀にも参加した「お絵かき甲子園」。ついに講評を賜る時が来ました~~!!さて、イラストの運命やいかに?? はむぞー所長宅の開催案内 カネシゲ監督の開催案内 narukoエントリー記事はこちらからどうぞ。 ショボイ名誉と笑いのために魂をかけて