ハムぞーの「職業野球研究所」
~プロ野球がある風景を楽しむ。そんな話をぼちぼちと~
 



<信二のヒッティングマーチ、完成>
高橋信二のヒッティングマーチが出来るそうです。
しのさんち
普通アレだけ打てば既に出来ているはずなのですが、本人の希望もあったのかな?

個人的には、この汎用テーマが曲が一番良く出来ているような。
(私の着信音になっています(既出話題)。福岡ドームで鳴ったらどうしようかと思いました)
甲子園で「六甲おろし」の着信音が鳴ったら、一斉に皆がポケットを探り出す。
そんなことはないので、とても安心です。

<清原発言・所長の感想>
「清原の最終打席に回ってきた条件が彼にとって不運」ということです。
あの場面本塁打を許せば、10-6となり巨人側とすれば押せ押せムードになることが予想されます。

投手藤川は03年の開幕戦で、悲哀を味わっています。
最終回2アウトまで取りながら、追いつかれたあの試合です。
満塁ですので、モチロン敬遠も出来ません。
最高の球を投げて、打ち取るしかなかったのです。

ランナーなしでの打席なら、(藤川の直球はかなり球速があるので)自分の力を試すため直球主体のピッチングになったかもしれません。
しかしあの状況では、あの組み立ては最高の投球です。

直球を待ち本塁打を狙うのは、自由です。
しかし安打して次の打者につなぎ、チーム勝利を目指す考え方はなかったんでしょうか?
例えば2塁打して、2アウト23塁なら、阪神側も気持ち悪いですよ。

清原の本拠地での達成にこだわるのもわかりますが、ただの「通過点」じゃないですか。
とっとと通過して、さらなるステージを目指して欲しいです。

男を下げてしまったのが、残念です。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )



« <坪井ブログ... 働くファイテ... »
 
コメント
 
 
 
おぉ~~~!! (しの)
2005-04-23 21:43:44
ご紹介いただきありがとうございます♪

ほんと、めっちゃ嬉しいです☆

今日、東京ドームでお披露目されたそうですが・・・

早く聞きたぁ~~~い♪
 
 
 
そうなんですよ~ (risa-ferunandesu)
2005-04-23 21:48:16
あの場面はヒットでつながれるのがホントに嫌な場面でした。

だって後ろのバッターの方が怖いですし・・・

あの場面でホームランしか狙っていない=チームの勝利をあきらめている

なので「大差で勝っているのに直球でこない」なんて発言につながっているわけで、ちょっとこういう感覚の人が4番にいると言うのはどうかと思いますねえ。

「えっ?試合?勝てると思ってなかったよ」みたいな・・・



私らは野球の試合を観てるんですよ。

チームが勝つことが最高のファンサービスだと何故みんな思わないんでしょう。

巨人ファンだって清原のホームランより、試合がひっくり返る方が面白いでしょ?

だからハムぞー所長の言うとおりです。



それと今日うっかりNHKの中VS巨戦を観ていましたが、9回平井が抑えに出てきたときに「全部直球でした」としつこく言うのでムカッときました(><)

ランナーおれへんやんか!!

9回やんか!!

全然場面ちがうやん!!

なんかこういう物言いってファンを馬鹿にしてると思うんですけど?

(嗚呼せっかく大人になろうと思ったのにまた腹が立ってきた~)



 
 
 
しの さん 江 (ハムぞー所長)
2005-04-23 21:48:33
へー、今日演奏されたんですか?

ウチの研究員が明日東京Dに行くので、よく聞いておくように伝えておきます。
 
 
 
りさふぇるなんです さん江 (ハムぞー所長)
2005-04-23 22:00:43
あそこで10-2で、清原が最後の打者なら「本塁打狙い」はファンの最後の頼みで、正解でしょう。



しかし、満塁です。

後ろのバッターへ繋がれるほうが、守備側にとってよっぽど嫌ではないでしょうか(次の打者のほうが怖いということはさておき)。



「楽勝と思っていたが、間違ったら追いつかれるのではないか」と対戦相手に思わせる。

仮に負けるとしても、精一杯プレッシャーをかけ嫌がられることをする。

それがチームに対する貢献だと思います。



例の発言から、清原がその観点がなかったことを認めているのと同じです。

非常に残念です。



ご理解いただき、ありがとうございます(っていうほどのこともない、当たり前のことなんですが)。
 
 
 
清原発言 (giants-55)
2005-04-24 18:51:06
書き込み有難うございました。



ネット上を含め、清原発言への批判的な意見が主流を占めていましたので、正直、自分もあの記事を書く上で分の悪さは感じていました(^o^;;;。ですので、皆様の書き込みを拝読し、やはりそうだろうなあと思わされた次第です。



最後にも書いたのですが、清原発言を支持したい部分は20%位は在りますが、総合的に言えば支持出来ないのは自分も同じなんです。



記事でも触れましたが、投手の決め球は種々様々。嘗ては、”フォークの神様”と言われた杉下選手(今ですと、佐々木投手がそうですね。)や鋭いシュートで打者を打ち取っていった西本(聖)投手等々。自身の技術を極限迄磨き上げ、その優れた技術を客に披露するのがプロの場。ですから、ストレートが是で、その他の球が非というのは間違いなくおかしい事です。



ましてや、藤川投手は2-3に追い込む迄にストレートも交えて勝負に行っている訳ですし、決め球となったフォークもストライクゾーンの球。清原選手なりの”美学”も判らなくはないのですが、それならば敢えてフォークを狙い打ってホームランとし、「どうや!ケツの穴小さい事するから、思い知らせてやったわ!」と言い放ったのならいざ知らず、結果的に三振を食らってのあの発言では、「負け犬の遠吠え」や「敗残者の戯言」に過ぎないのは自分も同感です。品の無い喩えだった事や、”個人”への中傷とも思える発言だったのは、自分も評価は出来ません。



唯、野球小僧が大人になった様な清原選手の中では、「真剣勝負=直球勝負」なのだろうなあというのは、スポ根漫画で育って来た自分には理解出来てしまうのは正直在ります。



又、バース選手等への敬遠行為を今回の件に絡めて例示するのは一寸筋違いだろうなと正直思ってもいました。「”明確な”敬遠」と「勝負に行って三振を奪った」事の間には”開き”が在るからです。



では、何故あの件を敢えて例示したかと言えば、ジャイアンツ・ファンも”被害者意識”を少なからず抱えているという事を判って欲しい気持ちも在りました。



古くより身勝手な事を繰り返して来たジャイアンツ。その事に付いては、ジャイアンツ・ファンの自分も憤りを覚えていますし、決して支持出来るものでは在りません。しかし、その事で「ジャイアンツ・ファンも同様に身勝手。」という論調が出て来るのはどうかと思っていました。これは、一部のファンが騒いだだけなのに、「タイガース・ファンは皆乱暴な連中。」といった全く理不尽且つ愚かしい捉え方がされてしまうのと同様だと思っています。



そういった論調が、昨今極めて高まって来た様に思っていましたが、開幕戦以降に明らかなミス・ジャッジが連発したにも拘らず、ジャイアンツに不利なジャッジで在ったが故に、マスメディアも含めて”敢えて”それを問題化しなかった様に思えたのはどうかと思っていました。(この事は、カネシゲタカシ様のブログでも、ちょこっと書かせて戴きましたが。)



以前は、確かにジャイアンツに有利とも思える妙なジャッジが多々見られました。「疑わしきはジャイアンツの為に。(判断に迷った時は、ジャイアンツ側に有利な判定を下す。)」と審判団が揶揄された事も在りましたが、あれはジャイアンツ・ファンとしても非常に恥ずかしく思える事態でした。ジャイアンツに有利になろうが不利になろうが、そんな事はどうでも良い事。要は「公平なジャッジを心掛けるべき。」という思いは、あの頃より全く変わっていません。



ですので、開幕から連発したミス・ジャッジ(スロー再生等で確認する限り、100%ミスだったと断言します。)に対し、「ジャイアンツに有利になる様な事を言ってしまうと(報道してしまうと)又叩かれてしまう。」とマスメディア及びジャイアンツ・ファンが敢えて口を閉ざしてしまうのは、真剣勝負の場であるプロ野球のレベルを下げてしまう事になるのではないかと、抵抗を覚えました。



話を戻しますが、バース選手達への敬遠に付いては、自分もあの行為を支持は出来ません。敬遠行為が如何にファンの気持ちを萎えさせるかに付いては、以前にも何度か記事で書いている自分です。



でも、あの敬遠に非難が集中した際、「ジャイアンツ(又は元ジャイアンツの人間)が絡んでいるから、ああいう卑怯な事をするのだ。」とか、「だからジャイアンツ・ファンはどうしようもない。」という論調がこれ又少なからず見受けられた事には、憤りを覚えていました。



確かに敬遠は潔くないと自分も思います。でも、敬遠という行為自体は野球ルールに外れている行為でない事も事実。ましてや、あの頃のバース選手達は神がかり的な破壊力を持った素晴らしい選手であり、例え点差が離れている展開で在っても、彼等の放つホームラン1本で、所属チームを一気に奮い立たせてしまうという思いは相手チーム及びそのファンも持っていたのは確かではないかと。それは、そのゲームだけではなく、その後に続くゲームにも大きく影響を与え兼ねない、それだけバース選手達が凄い選手であった事の裏返しであったとも言えます。



あの敬遠に、”妙な意図”が全く無かったとは自分も思いません。でも、今回の藤川投手がプロとして、”戦略的”見地からフォークを投じた様に、あの敬遠に”全く”戦略的な要素が無かったと断言してしまうのも違うように思え、敢えて例示した次第です。



重複してしまいますが、藤川投手がフォークで三振を取ったのは全く恥じる要素は在りません。あの場面でフォークを投げるのは、暴投で失点する可能性も考えられ、実に勇気の在る立派な選択だったと自分も思います。要は、打てなかった清原選手が駄目だっただけの事。悔しかったら、次回きっちり清原選手がリベンジを果たせば良い事であり、それが真のプロ野球選手だと思っています。



清原選手の発言で、タイガース・ファンを始めとして多くのプロ野球ファンに不快な思いをさせてしまった事は、ジャイアンツ・ファンとして申し訳無いと思っています。でも、ジャイアンツ・ファンも上記した様な複雑な思いを抱えている事(「審判団はジャイアンツから金を貰っている!」等の根拠の無い言い掛かりを”月見草監督”や”燃える男監督”がしばしば口にしていましたが、ああいった発言でどれだけのジャイアンツ・ファンが不快の念を持ち、又それを正論とばかりに過度に持ち上げるマスメディアの為に傷付けられた事か。)を、少しでも理解して戴けると嬉しいです。



P.S. 藤川選手の開幕戦の話(2003年)は知りませんでした。そういった背景があるならば、一層彼の選択は誤りでないと思います。



仰る様に、直球以外を全てファールし、直球以外に投げる球を無くさせ、そしてその直球を狙い打つというのは、プロだからこその高度なテクニックですね。結局は打てなかったのですから、その時点で清原選手が負けというのは自分もそう思います。
 
 
 
暗黙のルールを持ち出すのはおかしいですね (SEABLOG)
2005-04-24 23:43:52
こんにちは。清原選手の発言をプロ野球の暗黙のルールに詳しい友人に確認してみました。暗黙のルールという点では清原選手の言い分も一理有るそうです。ただ500号本塁打のプレゼンターになりたくない気持ちはわかると。それがこの勝負の真実かもしれません。だが、清原選手はそれを発言したらいけない。暗黙のルールだからです。発言したら暗黙ではなくなる。暗黙のルールを破った場合にはチームがその報復を行なうだけで、それをしゃべったり要求したりするものではない。清原選手は威嚇という手段でいままでも無理を要求することが多かった選手のように思えます。暗黙のルールのことを聞いた友人は大の広島の前田選手ファンです。前田選手だったら、おそらく翌日にホームランをたたきこむことでやり返したのかもしれませんね。それ以外に清原選手にはピアス問題もあります。

今日古田選手が2000本安打達成しましたが、そんな心から応援できる選手を応援して行きたいですね。またよろしくお願いします。
 
 
 
giants-55さん江 (ハムぞー所長)
2005-04-25 20:14:25
>西本のシュート

落合が中日に来たとき、内角シュート攻めは見ごたえがありました。



「直球の美学」は判るのですが、四番打者の美学として相手の一番いい球を打つというのがあります。

すなわち一番いい球がウイニングショットになるわけで、この藤川の場合それがフォークだったのでしょう。



>ジャイアンツファン

胸マークの「YOMIURI」を批判しただけで、ナベツネにクソミソ言われているのは、さすがにひどいなあと思いました。



>開幕のミスジャッジ

ただ、あれを堀内監督があまり抗議しなかったことに、現在のチームの成績と内部状況が結びつけて見えました。

監督たるもの、覆ろうとどうしようと抗議して欲しかったです。

手術後、激務、成績などで、お疲れなのはわかりますが。



>審判は云々

おそらく「王ボール」などからきたのではないでしょうか。

「あの王が見逃したからボールだ」と思ってしまう事例です。強いと思われるのは勝負にとって得だということです(将棋の羽生マジックもたぶんにそうです。不思議な手をさしたとき、相手が間違えていくそうです)

それが、どんどん尾ひれがついていったのではと考えます。



あるジャイアンツファンの人の話を聞いたのですが、彼曰く「ナベツネを一番嫌いなのは、ほかならぬジャイアンツファンだ」と。

お気持、お察しします・・・・。

 
 
 
SEABLOG さん 江 (ハムぞー所長)
2005-04-25 20:25:03
おそらく、東京Dでの達成をあせるばかりに口をついてしまったのだと思います。



>暗黙のルール

新庄がアメリカで押し出し生還のとき、ホームを手で触ったとかは、屈辱にあたり報復されるというのは、まだわかります。

しかし今回のように「大差かどうか」の判断は人によって違います。



ランナー無しじゃなく満塁なので本塁打を打たれたら4点差。逆転もありえます。

清原発言はその考えを否定することになるんですよ。自分の記録をチームの勝利より優先する発言になりはしないかなと。



スコア10-2で先頭打者なら、「直球で来い」というのも(まだ)判りますが、上記の理由でも理解できないのです。



2-3までに投じられた直球を打てなかったことも、恥じていただきたいです。



これだけ人気者が発言で男を下げてしまったのが、とても残念です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
あら? そしてヒッティング♪ (Fs☆30 ファイターズのお話・・・)
3日間お休みがあると、なんか拍子抜け・・・。 しか~~~し!!! 連勝ストップして、いや~な流れになりかけてたから、 これで気分転換☆ さぁ~て、明日からの5連戦!乞うご期待!!! で? 【明日の予告先発】Fs:正田{/v/}Bs:光原 って、あれ??? 金村さん飛
 
 
 
清原発言を考える (Baseball Junky!)
清原“威嚇”直球投げんかい!満塁チャンスで空振り三振 “問題発言”に阪神・星野SDが激怒!清原と新遺恨勃発 鯉チローです。 引越しに絡んでやることが多くて寝不足気味です。 昨日も野球を見ることができませんでした。オヤマンの完封が見たかったのに残念です。
 
 
 
清原のあの発言から2日、いまだに本人の怒りが収まった様子がなさそうなので (にわか日ハムファンのブログ)
 こんなのを作ってみました。 「変化球が気にいりません」  もとは404エラー画面ですが、もとから搭載されていたペイント機能とフォントを使ったJPEG画像なので画質は悪いです。リンクも付いていません。  あと、あくまでもネタですので、間違っても清原選手本人にはチ
 
 
 
番長にもの申す! (夢で逢いましょう)
ハム戦がないのでボーと見てた、昨日の阪神-読売戦、清原の通算500本塁打記録かかっていたらしいですね。 七回・二死満塁のピンチで清原。岡田監督は、エース、井川をマウンドから下ろします。 変わりに勝負するのは藤川球児。 フルカウントからの勝負球はフォークで清
 
 
 
第122話 言い訳ばかりの高給取り(訂正有) (サッカー小僧の野球日記)
また、少し遅れた話になるが、巨人の清原選手の暴言と、横浜の佐々木投手の2軍降格について。 まず、清原から。先日の4月21日の阪神戦7回2死満塁、投手藤川の場面でした。 《サンスポの記事》から引き出すと、『2-10の二死満塁、カウント2-3でフォークやで
 
 
 
 『こんな500号は嫌だ』こんなんできますた。 (獏の食わず嫌い)
古田選手200本安打おめでとう! そして腹立ちまぎれにはじめた『こんな500号は嫌だ』 ですが、たくさんのコメントをいただきました。 もう皆好きだなあ・・・(^0^) 激しいネタ合戦でした。 ちょっとご紹介してみます。 *ichikenさん 外野手が意味なくダイブし
 
 
 
「プロ野球暗黙のルール」について考える(ラジオ番組連動記事です) (Honeywarの「らぶ♪はにー♪」~愛と野球と音楽と~)
 4月21日の読売-阪神戦、7回裏二死満塁で登場した、500号HR目前の読売・清原和博選手が阪神・藤川球児投手のフォークボールを空振り三振しました。スコアは10-2、阪神が8点をリードしている場面でした。  この後、なぜか清原選手が立腹。「暗黙のルール」「球界の
 
 
 
野球はスポーツです (SEABLOGスポーツ)
 巨人清原選手が2アウト満塁で三振に倒れて、直球を投げんかいというようなことを言ったそうだ。