戦い続ける 美人社労士?

仕事に家庭に子育てに大忙し。でも半端なことはしたくない。毎日戦い続けています!自営業も甘くない!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雇用保険の不正受給 その1

2005-02-23 18:32:15 | Weblog
「職安から手紙がきました。最近入社した○○さんの入社日の件でタイムカード、出勤簿を提出してくださいって。どうしてなんでしょうか?」
と顧問先の社長様から電話がかかってきました。よくある話です。
○○さんの雇用保険(失業保険)の不正受給がばれたのです。
なぜばれたのでしょうか?

簡単です。
会社に依頼され、私が雇用保険の取得手続きをしたからです。
職安では、取得届が提出されると、カタカナの名前と生年月日を打ち込みます。
時々とても平凡な名前で同姓同名・・もなくはないのですが、ほぼ同一人物。
失業保険をうけている人の取得届が役所に提出されて、それも1ヶ月前の日付とかで。
とっくに就職してるのは明らかです。言い訳もできません。

役所に取得手続きで出向いた時、役所の方が
「おかしいな・・??この人」
なんてつぶやいているのを発見すれば、すぐ危険を察知して
「この人、ちょっと取得日とか曖昧だったし・・。もう一度確認して提出を・・」
と、訳分からない言い訳をして、役所の人から取得届を奪い取り、すぐに本人には自首を勧めます。
「早く職安に出頭しなさい!今ならまだ傷は浅い!」って。
心の中では感謝しろってつぶやいてますが。

もちろん不正受給したものは返還しなければなりませんが、自首なら100パーセント+多少の説教で済むでしょう。
もし、職安の方から先に言われた場合
200パーセント(つまり倍返し・・150パーセントの時もありましたガ)+大目玉(職安所長まで登場のことも多い)

会社にコソコソして不正受給なんてするからいけないんです。
きちんと言ってくれれば、この先まっている怖ろしい事の説明をしてあげます。
それを聞けば、不正受給なんて絶対やめるはずですから!
雇用保険の手続きは本人の知らない間しています。

「すみません。しばらく雇用保険を受けながら働きたいので、雇用保険に加入手続きはしないでくれますか?はいると役所にバレちゃうので。もらい終わったら連絡しますから。」
なんていう人もよく顧問先の新入社員でいます。
社長様も私も役所に言いつけたりはしません。
だけど
「大丈夫。雇用保険の手続きなんてしないから。だってあなた今日でクビ!」
と、青木さやか(知ってますよね?)のような口調で言われてしまいます。
そんなずうずうしいと。

(明日は「雇用保険の不正受給 その2」を予定してます。お楽しみに?)
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事で女性を敵に回すな! | トップ | 雇用保険の不正受給 その2 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゴリ)
2005-02-23 23:41:27
いるいる 俺の周りにもそんなヤツいたなー



今度見つけたら もちろん自首させますよ!
Unknown (信太郎)
2005-02-24 00:57:42
そうそう、悪いことしたらばれるようになっています。お金は自分の力で稼ぎましょう!
不正受給について (なな)
2009-05-05 00:57:07
教えて下さい。
上記のような場合で、不正受給がばれるのはどの時点なのでしょうか?役所(ハローワーク)で取得手続きをしている時点でばれるものなのですか?それとも、後日の場合もあるのでしょうか?実はお恥ずかしいのですが、上記と同じ状況の私です。資格取得日の翌日に不正受給をしてしまいました。既に半月は経っています。怖くなったので勿論出頭するつもりなのですが、どの時点でばれているものなのかなと・・あと私の会社の社労士さんは手続きが完了しています、とだけ仰り、不正受給の事は何も言ってなかったのですが、どうしてなのでしょうか???

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ステップ5-3 もらってはいけない 失業手当 (成果主義を自分の味方につける法)
 転職先は、いつ決めるべきか、というテーマです。 ■ステップ5 実際に社外へ出て成功する 91 在職中に、次の会社を決めてしまう 92 職務経歴書は具体的かつシンプルに書く 93 自信のある人は、ありのままを出す 94 自信のない人は、他の応募者との差別化を図
雇用保険 (ひかるの記録)
雇用保険雇用保険(こようほけん)とは主として雇用保険法に定められた失業給付、教育訓練給付、育児・介護休業給付、高年齢雇用継続給付の総称である。かつては、「失業保険」と呼ばれていた。雇用保険の保険者は「国」であり、公共職業安定所(ハロー...