大矢公子 イエスさまと共に歩む足跡

「脊髄小脳変性症」の長男を2015年10月から自宅介護。
孤軍奮闘の中に家族の愛、祈りの友、恵みの主と出会う日常記。

主が私たちにして下さったこと

2016-09-18 | 長男のこと


今日はJOYチャペル17周年記念礼拝でした。
私たち家族はSkypeでの礼拝をしました。
祈っていた方の姿が映し出されるたびに主に感謝!

今日の礼拝メッセージは聖契キリスト教団酒匂教会の勝俣牧師でした。
聖契キリスト教団は長男のケアマネジャー佐々木先生ご夫妻が牧会する教会と同じ教派です。
今日の説教から主に1人1人が出会うこと、それを証しすること、神の国はここにあると受けました。


10月から体格の大きな人用の特殊車椅子をレンタルできることになりました。
長男の身体をスッポリ包むばかりか、我が家の車にもスッポリ乗るのは神さまからのプレゼント。

10月から礼拝復活です。
ハレルヤ 主は生きておられます。

道を開いて下さったのは主、働きかけて下さったのはケアマネはじめヘルパー、理学療法士他、長男に関わって下さった多くの人々、そして皆さんのあついお祈り。

このことを証しせずにはおれません。主を賛美せずにはおれません。ハレルヤ アーメン

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次男、無事に帰ってきました | トップ | 命の木 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿