大矢公子 イエスさまと共に歩む足跡

「脊髄小脳変性症」の長男を2015年10月から自宅介護。
孤軍奮闘の中に家族の愛、祈りの友、恵みの主と出会う日常記。

出会いは5年前

2016-10-16 | 個人的なこと
「礼拝復活」宣言してから今日が3回目の礼拝出席、それもスペシャルな出会いがありました。

5年前のJOYファミリーキャンプで、キャンプ施設の貸し出し車椅子に乗っている長男を見てTさんがおっしゃいました。
「身体に合った車椅子にしてあげると良いですね。」って。
Tさんは他教会のメンバーですけれど、親しくキャンプに参加しておられました。

その言葉で身長182㎝に合わせたオリジナルの車椅子を特注しました。
その大きな車椅子は緊急入院で寝たきりになる直前まで約3年間毎日使っていました。
病状に伴い今はリクライニング付きの車椅子になり、以前の車椅子は不要となりました。

今日、Tさんが不要となったその車椅子を受け取りに礼拝出席されました。
礼拝の中でTさんからその活動のアピールがあり、尊いお働きを知ることになりました。
初めて聞く希望の車椅子ボランティア活動です。



出会いから5年、神さまのご計画は緻密で壮大で全てが有益で、ひとつの無駄もありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京ビックサイトに行ってき... | トップ | くまモンとの出会い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。