はむきちのいろいろ日記

映画・お芝居・ファッション・ペットなどなど

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SAYURI

2005-12-13 04:12:54 | 洋画
貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃がいた。下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、“会長”と呼ばれる立派な紳士が優しく声を掛ける。この一瞬の出会いが千代に確かな希望をもたらした。以来、芸者になって会長さんにもう一度逢いたいと夢見る千代。15歳の時、そんな千代に転機が訪れる。一流の芸者、豆葉が千代を芸者として育てたいと申し出たのだった。そして、豆葉の厳しい指導の末に千代は芸者“さゆり”となり、やがて花街一の芸者へと花開いていくのだった…。



きっと意見分かれるかなぁ・・・
なんやろう・・外人さんが撮った日本だけど、いい感じやんと思いました。
本当は「こんなんじゃない」かもしれないですが、雰囲気がいいの
やっぱり・・英語ってとこが良かったんかなぁ

コンリーがめちゃ良かったこのコンリー大好きです。。
あと、SAYURIの子役がめちゃいいの


ネタバレちゃんで~~す


SAYURIは置屋に売られちゃうのですが、売られてからコンリー(初桃)にいじめられるのであります
で、初桃がSAYURIちゃんをいじめて、借金を作らせ、SAYURIちゃんは芸者学校に通えなくなり、下働きのままなのです
15歳の時、芸者の中の芸者にミッシェルヨー(豆葉)この豆葉さん初桃ときぃーきぃーの仲なのであります。が妹芸者を育てたいそれもSAYURIちゃんなのです
そこからの、展開が最高なんですめちゃテンポよく本当は何年もかかり、覚えなければならない事を何ヶ月かでマスターしないとダメめちゃ音楽がカッチョイイ流石「シカゴ」の監督だけあるなぁ~って感じでめちゃテンションっすよ(笑)頑張れSAYURIちゃん
めちゃ応援したっちゅーねん(爆)

またね・・初桃と豆葉の心理的な戦いがね・・いいなぁ
何なんでしょう・・めちゃドロッとしててね・・。
で、しかもめちゃ二人とも色っぽいねんなぁ~
お座敷でのシーンで、キレイに嫌みを言うのよね~
うわ~~~~っ何か凄いよ私なら無理だなぁこんな事言えないもん(爆)・・って言うかそういう場に出会うこともないしね(爆)あははははっ・・色っぽくなりて~~~~って言うか言ってみた~~~い(爆)

本当にこのコンリーと、ミッシェルヨーはめちゃめちゃいいなぁ
チャン・ツィイーね~・・・う~ん正直微妙だったかなぁ・・。色っぽくないねんなぁ
忘れてはダメなのが、桃井かおりさん凄いです

「芸者さん」って何となくしか知らなかったのが、この映画で色々分かりましたこれを知ることが出来ただけでも嬉しいなぁ
パンフに説明が書いてあってなるほどな感じでした



10点満点中・・・8.0で~~す
ちゅど~ん・・3.0で~~すこれでもかよ(爆)





ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« めちゃ嬉しかったの・・・ | トップ | キング・コング »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (悠)
2005-12-13 08:48:56
女の嫉妬はこわいぞ~。気をゆるしちゃいけません、いつまでも、昔のことを覚えて仕返しされます。。。。桑原、クワバラ、くわばらってな映画でした(>どこみてたんや!!
ですよね~(爆) (はむきち)
2005-12-13 12:32:38
★悠さんへ

悠さん・・ほんま女の嫉妬は怖いですよね~(爆)

この映画見ながら・・うわ~~~っうわ~~~っばっかり思ってました(爆)

やっぱりクワバラですよね~(爆)



・・悠さん何か仕返しされたのですか??(爆)

確かに・・・ (しんちゃん)
2005-12-13 19:20:07
女の仕返しは怖い(爆)

もちろんそんな経験が無い私(爆)

どちらかといえば私が過去のことを穿り返すタイプかも(自爆)



 で・・・どのシーンでちゅど~ん?(笑)
ネタバレちゃんで~す♪ (しし)
2005-12-13 23:23:40
はむきちさん、こんばんは♪



この映画も早々に観られたんですね。

実はこの映画、どこにも「京都」とか「祇園」とかって言う言葉が出て来ないの、知ってました?

どうやらアメリカのどこかにオープンセットを組んで、あの街を作ったらしいですよ。



それと「おカボ」って名前、あれって京言葉で「かぼちゃ」のことなんですって。

だから台詞では「パンプキン」って言ってるらしいですよ。



以上、土曜日「浜淳映画サロン」からのネタバレちゃんでした(笑)

芸者になりたいですか?(爆) (あかん隊)
2005-12-14 01:44:24
こんばんは!コメントありがとうございます。

観賞した映画が、気に入ると嬉しいですよね? コン・リーも体当たりの熱演だったし、ミシェル・ヨーは、とても魅力的でした。工藤夕貴も、童顔なのにすごく大人っぽくみえて、英語も演技も堂々としてました。桃井かおりの登場は、すごく嬉しかったし、立派なものでした。映像的にも、よくまあここまで「日本らしく」なったものだ、と過去の映像から考えれば大躍進でした。自分は、色恋関係には「非常に淡泊」なので、どうもよく理解できない部分もありましたが、「お金」も絡んでいるだけに、凄まじいのでしょうね。彼女たちにとっては「死活問題」だった訳でしょ?たいへんな世界ですね。他の職業、殆ど考えないみたいだったし…。それだけに、色恋にも純粋だったのかなぁなどと、つらつら思い出しています。
レスで~~~す!! (はむきち)
2005-12-14 15:52:40
★しんちゃんへ

しんちゃん・・気をつけないとダメやで(爆)

女は怖いで~~~(爆)



しんちゃん・・ちゅど~ん??(爆)

え~っとね・・幼き頃のSAYURIちゃんが置屋を逃げだすシーンで、屋根の上から下駄が落ちるとこ(爆)

あと、まだ何箇所かあった(爆)







★ししさんへ

こんにちわ!!ししさん

たしかに!!「祇園」や「京都」という言葉は出てこなかったですね~

あのセットはアメリカだったんですね~

そう言えば、パンフに「ロス」と言う文字がありました!!



なるほど浜村さんがラジオで言ってたんですね

ししさん・・浜村さん最後まで言っちゃってましたか??(爆)







★あかん隊さんへ

本当にコンリーもミッシェルヨーも最高でした

私も同じく、こんなに日本ぽく作れるって凄いなぁと思いましたとても、雰囲気を壊さない、とても丁寧に作られてるなぁと思いました

工藤夕貴もいいですよね~。。工藤夕貴の辛さとかね。。めちゃ、伝わってきました。。

戦争終わり後の工藤夕貴さんは本当に良かったですね。。

みなさん・・この世界を必死で生きてる姿がとても良かったと思います。。

コンリーが恋をする、その気持ちも分かるしね・・。

本当にいい映画でした。
もう見たのですね (にってち)
2005-12-14 19:15:29
実は「ラストサムライ」も見てないのだ(爆)

渡辺謙ハリウッド作品を見たいんだけどねぇ。

もの凄い俳優さんだから、さぞや凄いんだろうなぁ。

皆、男優さんのこと触れてないので思わず出てないのかと思っちゃいました(爆)
ツィーは・・・ (RIN)
2005-12-14 23:41:33
色っぽくなかったよね・・・

まだ若いしねえ、「可憐さ」みたいなのを目指した方がよかったような気がするなあ

なんか、小生意気な会話ばっかしてたよね

「コン・リー姐さん、潰してやって!」と思いました

コン・リー姐さんの恋人役が誰だか、結局わかんなかったのが残念・・・。

顔ちょっとしか映らなかったし。誰か、わかりました???
最後まで・・・ (しし)
2005-12-14 23:54:49
はむきちさん、こんばんは♪



「映画サロン」は結局最後まで聞けなかったので、

どこまでしゃべったかは判りませんが。。。

いつもの調子だと、結構最後までしゃべってそうな気がします(爆)



一度、ラジオを聞いた後、映画を観たことがあったんですが、

ラジオでは「ここから後は映画館でご覧下さい」とか言っておきながら、

その後ホント1分くらいで終わってしまって。。。

ほとんど全部でした(爆)



では、また♪
レスで~~す!! (はむきち)
2005-12-15 14:04:47
★にってちさんへ

にってちさん・・もう観ちゃいました(爆)

男優さんね・・う~ん・・女優さんが凄いんですよ

正直・・う~ん女優さんの凄さに負けちゃってる感じですかね・・。私の感想ですが・・。



この桃井さんとコンリーとミッシェルヨーは凄いです







★RINさんへ

チャンツィーちゃん本当・・そうですよね~

あのいかり肩も気になっちゃって

ほんま、コンリー姉さん「やっちまいな」な感じでした(爆)



RINさんも同じく思いましたか~

私もコンリーの彼氏分からないんですよ(爆)

パンフにも書いてないし

今だに謎です(爆)







★ししさんへ

ししさん・・こんにちわです

浜村さんのことですもんね・・。

絶対に喋ってますよね



ししさん・・試写会の時、浜村さんがたまたま司会で、最後まで喋られたそうです

喋らなかったのは、最後のエンドロールだけ・・。

凄いです。。浜村さん(爆)
観たよ~♪ (おかん)
2005-12-16 08:23:55
職場エリア内の映画館は同伴者1人まで1000円で観れると言う、

娘の職場の特典にあやかり、昨日娘と一緒に観てきました。



外国人が撮った日本の話と言うことで、どんな感じかなと思っていたけど、

かなり忠実に描かれていたんではないかと思います。

戦前から戦後にかけての話なので、実際には知らない話だけど、

そんな感じだったんだろうなぁ~って感じで観れました。

日本でのロケがあったのかどうかは謎だけど、

日本の四季がとてもきれいに描かれていたと思います。



ミシェル・ヨーがとても色っぽくコン・リー、チャン・ツィー共にきれいで

渡辺謙はなかなか渋く良かったし

工藤夕貴も負けずに頑張っていたし

桃井かおりが英語喋りながらもあのけだるい感じを崩すことなく

桃井かおりしていたのが凄かった!

日本映画を英語版で観ているようなそんな感じだったけど、違和感ありませんでした。
おっ!!待ってました!! (はむきち)
2005-12-16 12:57:49
★おかんへ

本当に四季がキレイでしたよね・・あの桜のシーンがとても良かったです



ミッシェルヨーがお風呂屋さんで、手ぬぐいを手にのせるシーンはとても色っぽかったですよね~。。

私はこのシーンが大好きです



このコンリーはめちゃ好きやなぁ・・工藤夕貴が、仕返しするシーンはめちゃっな感じでした。。

おかん・・ほんまやねぇ・・桃井さん英語喋ってても桃井さんめちゃいい感じでした

そうそう私もおかんと同じく、違和感がなく、いい映画でした
これも見てきました~ (えっちゃん)
2006-01-04 16:43:34
これもようやく見れました。

でも・・・私はどうもあまり入り込めませんでした

どうも、チャン・ツィイーちゃんに共感できなかったのです・・・。その映画にどれだけ入り込めるかって、登場人物にどれだけ感情移入できるかだと思うのですが・・・。子役のおおごすずかちゃん(字がわからなくってごめんなさい)はとってもかわいくて、少女時代はすごく身を入れて見てました。

それに初桃さんと豆葉さんもよかったです~。



おっ!! (はむきち)
2006-01-04 19:30:54
★えっちゃんへ

えっちゃん・・ご覧になられたのですね~

この映画は分かれそうですよね~・・。

そうなのですよね~・・。チャン・ツィイーちゃんね~・・私もう~んな感じなんですよね・・。

子役の子はよかったですよね!!私も彼女は凄いと思いました

私も初桃さんと豆葉さんは最高でした
観ましたよ~♪ (sabu)
2006-01-26 21:33:49
映像の美しい映画だとは思ったけど、人物に感情移入できなかったなぁ。

ミシェル・ヨーは素敵でした♪

ご覧になられましたか~\(^o^)/ (はむきち)
2006-01-27 12:58:47
★sabuさんへ

感情移入出来ませんでしたか・・。



私はチャンちゃんがね・・う~んな感じでした。。

色気がないのがね~。。。



ミッシェルヨーさんほんまよかったです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画館「SAYURI」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした! 予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。 原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ~!」って言われたんだけど、そのころ私はこの小説しらなくてなんとも答えよう...
SAYURIよりKAORI。。。 (こ・と・ば・言葉)
あの勘定高いそろばんはじく、置屋のおかみ、こういうのが男の見立てはいちばんすごい
SAYURI さゆり MEMOIRS OF A GEISHA (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
チャン・ツィイー、渡辺謙主演 チャン・ツィイーが綺麗でしたが子役の大後寿々花が良かった 千代は貧しい漁村に生まれ 小さな時に姉と祇園の置屋に売られる その置屋の売れっ子芸者初桃が千代に辛く当たる ある時幼い千代が橋のたもとで転んで泣いているのを 通りすがり
SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA 2005 146分 (極私的映画論+α)
貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃がいた。下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、“会長”と呼ばれる立派な紳士が優しく声を掛
SAYURI (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  異国情緒溢れる熾烈な女の世界
SAYURI (映画-CAN)
スティーブン・スピルバーグ製作。「シカゴ」のロブ・マーシャル、監督。 世界中が注目するハリウッド作・日本の世界「Memoirs of a Geisha」 (邦題 SAYURI)がやっと、ベールを脱いだ。 主人公の千代は貧しさゆえに置屋に売られた少女。 少女
SAYURI (Memoirs of a Geisha) (cococo)
久しぶりに劇場へ。がんばったけど、どうしても「1本」しか観られない時間になってし
「SAYURI」をみた。 (今日も明日もカエラと映画とマンガ)
「休憩は1分だけです  ラスト2分が勝負」by安西監督(湘北バスケ部) どうも、週末は映画を見る日なってる今日この頃です。 ずーっと公開されるの待ちに待っていた映画・・・ 気合
ハリウッド日本映画~「SAYURI」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
あれれ??? 予告編で思い切り流れていた「LOVERS」のBGMがなくなってる!! 本編サントラ作成班の仕事完成までの「つなぎ」だったのかっ?!                  マジっすかっっ!! まず、観にいこうと思い、先日ウチの一番近所の映画館に足を運んだので
『SAYURI』★★★★・85点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『SAYURI』公式サイト 制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;BV、松竹  上映時間;146分  監督;ロブ・マーシャル 出演;チャン・ツィー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/コン・リー観賞劇場:12/14(水)丸の内プラゼー...
「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる (soramove)
「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を そこに見たからだ。 戦前までは あんな文化が 日本に存在していたのだと ...
★「SAYURI」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。
SAYURI (まぁず、なにやってんだか)
予告を観て、とっても楽しみにしていて前売券を買っていたのに、観に行くのが遅くなってしまいました。公開から一週間経っただけで、近所のシネコンは一日の上映回数が3回に減ってしまい、「評判いまいちなのかなー」とちょっと心配になったのであります。でも、良かったで
「SAYURI」 (慧の映写会)
アジアンビューティなSAYURI 3月ごろ原作「さゆり」を読んで その時すでに12月あたりに 劇場公開らしいと・・ でもって観ました まさにエンターテイメントです
SAYURI(映画館) (ひるめし。)
CAST:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤由貴/コン・リー 他 ■アメリカ産 146分 さすがアジアン・ビューティーのチャン・ツィイー!!ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたみたい!!芸者のお稽古の成果が出てよかったね。
SAYURI (toe@cinematiclife)
この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために苦労を重ねた人が誰も出てこなかった映画だった気がする・・
SAYURI (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
貧しい家庭で育ち、9歳で置屋に売られた千代は、置屋の下女として働かされていました。ある時、「会長」と呼ばれる紳士から優しくされ、その後、芸者になって「会長」と再会することを夢見るようになり...。 豪華絢爛な作品でした。ただ、「貧しく生まれ育った女性の成
ふくちゃんの映画日記 その2 (ふくちゃんの懸賞日記)
「SAYURI」  映画館鑑賞 オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/} ハリウッドが作ったアジアンファンタジー映画 {/book/}公開年:2005年  監督:ロブ・マーシャル  出演:チャン・ツィイー、ケン・ワタナベ、ミシェル・ヨー 他 {/book/}9歳で花街の置屋へ売
SAYURI (sabuのつれづれ)
花街を舞台とした女の一途な想いを美しい映像で綴った作品。