はむきちのいろいろ日記

映画・お芝居・ファッション・ペットなどなど

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蝉しぐれ

2005-11-03 02:33:39 | 邦画
江戸時代、東北の小藩“海坂藩”。15歳の文四郎は下級武士である義父・助左衛門のもと、親友たちと剣術や学問に励む毎日。一方、隣家に住む幼なじみのふくとも淡い恋心を育んでいく。そして、文四郎が尊敬する父のようになりたいと思い始めた矢先、その助左衛門が世継ぎを巡る陰謀に巻き込まれ、切腹を命じられてしまう。それを境に、罪人の子として辛苦の日々を過ごす文四郎。そんな彼に唯一変わらぬ態度で接してくれたのは親友の逸平と、ふくだけであった。しかし、ふくはほどなくして江戸の屋敷で奉公するため旅立ってしまう。それから数年後、青年になった文四郎に筆頭家老から牧家の名誉回復が告げられるのだったが…。


やっと見れたのだ~~~~~
もうすぐツッツンの映画が始まるし
早く見ないとねと思いながら今になっちゃいました
ほんま日本人の良さが出てるいい映画でした
パンフ読みながら泣いてる私・・う~ん・・何だ何だハマったよ~~~~

めちゃビックリしたのが隣の隣の人(女性)が爆眠で、イビキが静かな時に「ゴ~~ッ」って言ってる声がめちゃ聞こえたことです(爆)思わず「ちゅど~ん」なったーちゅーねん(爆)
・・・・私って色々出くわすなぁ(笑)


ネタバレちゃんで~~す

ほんま透明感があってキレイな映画でした
キレイだけじゃなく、日本のいいところが、めちゃよく描いてて良かったです
めちゃ期待で行ったの・・その期待裏切らないんだも~~~ん
最高やん

友情がね。。めちゃ熱くもなく丁度いい熱さの・・その「友情」にめちゃでした
市川さんの友「今ちゃん(今田耕司)」も「ふかわりょう」もめちゃいいのだ
ふかわ君・・いつ「タ~~~ンッ」ってギャグ言うかめちゃドキッやったよ(爆)


めちゃ言葉が重いのです・・。ほんま、とてもいいの
お父さんが、捕らわれるのであります・・それも殿のお世継ぎの件で、藩内で起った争いに、どうもお父さんがかかわったみたいなのだ!!
で、お父さんは処罰を受ける前の日・・息子と対面するのだ~
お父さんは息子のどうしてな質問には答えないの・・。
お父さんは「大丈夫」という笑顔を見せるのでありますそれが堪らないの・・・こんなとこ、めちゃ日本人やなぁ・・って思いました!!

とにかく、文四郎とふくの恋愛がいいのであります。。
最後なんてなしでは見れない!!
とても言葉が重くてね・・。
私がふくが「この指覚えてますか??」って聞くのよね・・。淡い初恋
堪らんわぁ・・。
文四郎が胸に「グッサリ」くる言葉を言うのだ~~
ほんまいい映画でした。。

石田君・・(文四郎)の若い時・・「ピアスの穴」う~~ん仕方ないんだけどめちゃ目についちゃった

10点満点中・・・・8.5で~~す









ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空中庭園 | トップ | オカンの携帯電話・・・ »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (悠)
2005-11-03 06:54:09
よかったでしょ。最後のとこなんか、ほんと、せつないですもんね。あそこは、ふくが主役で、文四郎は脇です。ここは、私は、原作よりいい派なんですよ(^^ゞ。
とうとう・・・ (たまちゃん)
2005-11-03 08:11:49
観に行かれたのですね?



あたくしは、蝉しぐれのDVDを買い求めようかと思おております。

涙なくしては観られませぬ。



ん?なんか、、、あたし丁寧な?言葉になってるやん!(笑)
気に入らない点は (しんちゃん)
2005-11-03 08:18:14
 人を斬ったことのない二人が・・・



ありえね~!(^^;
めちゃよかったでしょ!? (おかん)
2005-11-03 14:54:05
もう涙なくしては観れない・・・

お父さんの引きつりながらも笑顔を見せようとするシーン・・・

歯を食いしばりながら台車を引くシーン・・・

そして、何よりもラストの二人のあの目だけのラブシーン・・・

「ふく」「ふく」「ふく」と名前しか口にしないけど

その中に込められている熱い想い・・・

「忘れ捨て去ろうとしても・・・」と言う積み重ねた年の

せつない想い・・・

もう堪りませんでしたね、、、
レスで~~~す (はむきち)
2005-11-03 15:20:43
★悠さんへ

コメント有難うございいます

ほんまよかったです

原作よりいいのですね!!

この映画すごすぎです







★たまちゃんへ

やっと行ってきましたよ~~~

たまちゃんと「ハイキング」に行った時からずっと気になっていて、絶対見なければな感じでした



たまちゃん・・・帰りの電車の中でも「パンフ」を読みながら、ちょっとでした。。







★しんちゃんへ

しんちゃん・・あはははっ

あない斬れないよね(爆)



しんちゃん・・ピアス気にならなかった??(爆)







★おかんへ

おかん・・めちゃよかったよ~~~~

台車のシーン・・めちゃ泣いた!!

そうそう・・最後の目がけのシーン最高やった!!

この言葉も好きです。。「文四郎さんのお子さんが・・」と言うセリフが堪らなかったわぁ

ほんまそう思ったもんなぁ・・。

仕方ないねんけど・・。

Unknown (Y)
2005-11-03 23:41:09
私も昨日観てきました。

日本の四季の美しさに感動!!

なんてきれいなんだろうと・・・・。



文四郎の青年期を演じた石田君、前日のテレビで”蛍の墓”に出ていてその時も健気な役で熱演していました。

いい味出していたなァ・・・。



私、終わり頃まで逸平役がフカワ君と気付かなかった・・・。

良いよね~ (chishi-M)
2005-11-04 00:34:42
そうか、はむきっちゃんもついに楽しんだのねっ!

私もこの作品はメチャメチャ感動しましたわぁ。

涙、涙ですぢゃ。



にしても、爆睡ってスゴイねぇ(汗)

たくさん劇場に通ってるとそういう人に遭遇する確率、あがるから仕方ないか(爆)
久々に。 (あかん隊)
2005-11-04 10:31:15
大きな劇場で上映される邦画では、あまりアタリがなかったような気がしますが、これは良かったですね。このところ、こうした「古き良き日本」にシンパシーを覚えることが多いなー、と思います。
レスで~~~す!! (はむきち)
2005-11-04 10:45:28
★Yさんへ

Yさんもご覧になられましたか

本当にいい映画でしたよね



「蛍の墓」このドラマ見れなかったんですよ~!!

ウチのオカンはこのドラマを見てました(笑)



この映画私より先にオカンが見に行ったのですよ、で、Yさんと同じく「どこに??ふかわ君出てたんかぁ・・」と言ってました(笑)







★chishiーMさんへ

chishiさん・・やっとですわぁこの映画見れないかと思いました。。

ほんまパンフ読みながら、色々なシーンが思い出されて涙・・涙でした



chishiさん・・すごいでしょ??「爆眠」(爆)

イビキめちゃデカかったですよ~(爆)







★あかん隊さんへ

本当にこの映画は良かったですよね~

日本の良さがとても出ていて・・

いい映画を見ると、心が気持ちがいいですよね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画館「蝉しぐれ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
日本史が大嫌いだった私。そんなわけで、実は今までこのような時代物の映画はあまり観ていませんでした。最近は、面白い邦画も沢山あるので観ることにしました。 幼馴染の2人、文四郎とふくが思いを寄せ合っているのだけれども、その恋は成就することはない、、、そん...
蝉しぐれ~その2 (こ・と・ば・言葉)
映画のクライマックスふく「文四郎さんのお子が私の子で、、、、、ある生き方はなかっ
蝉しぐれ (2004) 130分 (極私的映画論+α)
 江戸時代、東北の小藩“海坂藩”。15歳の文四郎は下級武士である義父・助左衛門のもと、親友たちと剣術や学問に励む毎日。  一方、隣家に住む幼なじみのふくとも淡い恋心を育んでいく。そして、文四郎が尊敬する父のようになりたいと思い始めた矢先、その助左衛門が世継ぎ
映画『蝉しぐれ』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?     ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                       0点□□□□□□□□□□10点     ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→
蝉しぐれ (cococo)
日本の映画らしい、純朴な雰囲気でした。「ひたむき」「純粋」「真摯」「しのぶ」…と
映画『蝉しぐれ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
冬から夏、春から秋へと、季節は走馬燈のようにめまぐるしく巡る。切なく悲しくやるせない思いと共に引き裂かれた恋・・そして無情に飛び散る血しぶき・・ 江戸時代は東北の小藩、義父牧助左衛門(緒形拳)の元で逞しく成長した牧文四郎(市川染五郎)には思 ...
蝉しぐれ (黄昏ミニヨン想録堂)
 今回で最後。『蝉しぐれ』である。