Sometime Somewhere

気ままに撮った花々を、気ままにアップしています。
お越しくださった際、足跡を残してくださるとうれしいです。

駒木野から日影沢へ(3)  ナガバノスミレサイシン、ニョイスミレ、タチツボスミレ

2017-04-19 19:45:21 | 裏高尾

 
 
 
「ナガバノスミレサイシン」
日本の特産の種類で、半日陰なな適度に湿り気のある環境を好み、落葉樹林下に多いそうです。
今回初めて花を見ることができましたが、葉が細長い披針形ということだけで分けているので
もしかすると違った種類を入れてしまっているかもしれません。
特に、3枚目のは花の印象がヒカゲスミレに似ているので…??

 
「ニョイスミレ」 (別名 ツボスミレ)
全国に分布していて、田の畔などの日当たりの良い所から沢沿いの林の中など、
いたるところで見ることができます。
鎌倉・光則寺の境内脇の斜面ではたくさん見ることができます。
花は1㎝程度と小さく、スミレと気付かず見逃してしまうかもしれません。

 
「タチツボスミレ」
日本を代表するスミレで、身近なところでも見ることができます。
石垣の隙間や藪の際の少し日が当たる場所など、環境への適用の幅が広いそうです。

( 撮影日:2017年4月16日 )

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駒木野から日影沢へ(2) ... | トップ | 駒木野から日影沢へ(4) ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。