Sometime Somewhere

気ままに撮った花々を、気ままにアップしています。
お越しくださった際、足跡を残してくださるとうれしいです。

12年ぶりの栂池自然園(1)

2017-07-28 21:16:39 | 栂池自然園

7/23(日)から2泊3日で長野県小谷村・栂池高原に行ってきました。

往復のバスとホテルだけが決まっているフリープランのツアーでしたので、
栂池自然園と八方尾根に咲く花を思いっきり撮ることができるかと…
1日目は栂池高原に着いたのが16時過ぎ、雨が降っていましたが、
傘をさして塩の道を1時間程度散策♪
残念なことに2日目3日目とも雨になってしまい、八方尾根行きは断念しましたが、
標高1900メートルの栂池自然園で2日間、高山の花たちを楽しんできました。

2日間で撮った画像は1600枚ほど、まだ整理がついていないので、
とりあえず今日は自然園の様子をご紹介したいと思います。

 

栂池高原駅から栂池ゴンドラリフトに乘り25分で栂の森駅に到着
そこから栂池ロープウェイ乗り場まで5分程度歩きます
途中にはタマガワホトトギス(まだ蕾でしたが)やオニシモツケ、
ミズバショウ(もう花は終わり葉だけでした)などいろいろな植物が生えていて、
なかなか乗り場まで進めませんでした(^^ゞ

 
栂池ロープゥエイに乘り5分で自然園駅に到着
栂池高原・標高839メートルから標高1829メートルの自然園駅、1000メートルも上がったことになります。

 
自然園駅から400メートル舗装された坂道を上ると栂池自然園入口が見えてきます。
正面に見える山は、たぶん小蓮華山(2766メートル)、雪がわずかに残っています。

 
木道脇にはウラジロナナカマドの白い花が咲いていました。

 
 
今回、是非見たいと思っていた花のひとつ、キヌガサソウ(衣笠草)
木道脇の群落に大感動。。
雨が降っていましたので、傘を差しながらの撮影でした。

 
風穴の岩の間の残雪で天然のクーラー効果、、、
きれいな空気に感動!!ちょっと寒かったですけど
 
風穴の岩の上にミツバオウレンの白い小さな花が咲いていました。

 
見たいと思っていた花のふたつめ、エンレイソウ(延齢草)
大きな葉の中心から褐紫色の外花被片が一つ伸びています

 
ちょうど花の時期だったのか、木道脇のいろんな所でキヌガサソウを見ることができました。
キヌガサソウが終わると、手前に生えているコバイケイソウが白い花を付けるはず♪♪

 
たぶん真ん中に見えるのが白馬岳(2932メートル)
霧に隠れているのが杓子岳ではないかと思います。
(違っていたらごめんなさい)

 
ワタスゲ湿原ではニッコウキスゲも咲き始めていました。

 
冷たい雪解け水が流れる楠川

 
キヌガサソウ、花弁の縁が淡紫色のがありました。

 
倒木の窪みにも生えているマイヅルソウ
小さな小さな花ですが、逞しい生命力を感じました。

 
浮島湿原から展望湿原へ向かう途中、自然園全景を見渡せるポイントから一枚
ほぼ中央に見えるのは、栂池ヒュッテ記念館の赤い屋根です。

( 撮影日:2017年7月24日 )

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北鎌倉・東慶寺 皐月花葉のころ | トップ | 12年ぶりの栂池自然園(2) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
栂池自然園 (granma)
2017-07-29 21:25:20
タイトルに栂池自然園とあったので見せて頂きました。
懐かしい景色や花々が次々と出て来て、これからが
楽しみです。
雨で撮影が大変でしたでしょうけれど、しっとりとした
雰囲気で素敵な写真になったことでしょう。
主人と2度目に行った時は比較的ゆっくり歩けて
色々な花を見られました。ぜひもう一度行きたいと
思っていたらお友達が一人でこの夏ツアーで行くと言っていたの一緒に行きたかったのですがまだ色々あって今年は無理、来年是非行きたいと思っています。
季節は違っていましたが、 (ハム次郎)
2017-07-29 21:53:23
12年前と園内の様子は変わらず、同じでした。

granmaさん、今年はお忙しくて行けなくても、
来年の夏も花はちゃんと咲いているはずです♪♪

今回は3日とも雨に降られましたが、自然園の方の話しでは、ちょうど春の花と夏の花が一緒に見られるいい時期だとのことで、結果的にはラッキーだったと思っています。
晴れていたら、八方尾根の方も、、、と、集中ができなかったかもしれませんし(^^ゞ

コメントを投稿