Sometime Somewhere

気ままに撮った花々を、気ままにアップしています。
お越しくださった際、足跡を残してくださるとうれしいです。

鎌倉・光則寺 初夏の花(2)

2017-05-18 22:38:47 | 鎌倉

 
 
カラタネオガタマ(唐種招霊)
境内に入るとバナナのような香り、、、この花の香りです
モクレン科の常緑小高木で
中国南部原産で江戸時代中期に渡来し、暖地の神社や庭に植えられたそうです
光則寺に向かう途中の民家の庭にも植えられていて、甘い香りが出迎えてくれます♪

 
 
 
6月になると菖蒲の花が咲き始める場所に
今の時期は春咲きグラジオラスと黄菖蒲が競演しています

 
池の中の島にはアヤメが咲いていました

 
マルバウツギ(丸葉空木)

 
セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)

 
モリアオガエルが卵を産みました
今年は花の終わったシャクナゲの木を産卵場所に決めたようです
産卵は撮影をした前日だそうですので、卵の色はほぼ白色
日が経つにつれ、茶色を帯びてきます
光則寺ではモリちゃんと呼んでいる(^^ゞモリアオガエルの赤ちゃんをまた見れるといいなぁ~♪

( 撮影日:2017年5月14日 )

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉・光則寺 初夏の花 | トップ | 鎌倉駅への帰り道で »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。