ハンマーがふりおろされる、ような希ガス

客観は少数の確信犯が作るわけですよ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はだしのゲンのパロの是非

2005-12-16 02:34:58 | マンガ

「不謹慎じゃないか」「いや作品への愛があるから良い」と賛否の分かれるはだしのゲン公式サイトゲンプロとか昔書いたわけですが、俺もネタで書いただけだったのよ、このときは。

最近、2chではこんな議論(→はだしのゲン日記12月12日参照)もあったそうで、「あれー嘘から出たまことになってしまったなぁ」と、

 

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スティーヴィー | トップ | 今週の週刊アスキー12月2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
はだしのゲン (まおの記録)
はだしのゲン『はだしのゲン』は、中沢啓治による、自身の原子爆弾|原爆の被爆体験を元にした漫画。同タイトルで実写映画やアニメ映画化もされている。2007年には初めてテレビドラマ化される。概要1972年に「週刊少年マガジン」の漫画家自伝企画の第1弾...